新しいアイコンについて

DropTalk 6では、標準のシンボルセットとしてCoCoを採用したことに伴って、アプリアイコンを変更しました。

新しいアイコンの名称は、「Open the Door」です。「ドアを開けよう」です。

ドアは、ある世界を閉じ込めるものになります。閉じこもっているものは、心かもしれません。または、障害のある人たちを閉じ込めておくものかもしれません。

そのドアを優しくノックして、少し開けるためのツールになりたい、とDropTalkは思っています。

アイコンのデザインは、引き続き、最小限の線や形で構成するものにしました。シンプル、というよりは単純なので、さまざまなバリエーションを生み出して活躍できます。

CoCoシンボルセットについて

DropTalk 6では、標準のシンボルセットとして、「CoCoシンボルセット」を新たに採用しました。CoCoは、DropTalkのために新規にデザインされたシンボルセットになります。

CoCoを導入した動機は、いくつかあります。もっとも大きなものは、シンボルセットをもっと拡張できるようにすることです。

DropTalkのようなシンボルコミュニケーションアプリにとっては、シンボルセットがもっともっと豊かになって使いやすくなることが重要と考えます。シンボルの「豊かさ」や「使いやすさ」には、次のような条件が必要だと思います。

まず、数が豊富なことです。やはり、ある程度の数がないことには話が始まりません。

そして、さまざまな領域、分野、ジャンルをカバーすること。DropTalkのユーザは、さまざまなところにいます。たとえば、特別支援学校で使われます。または、家庭での日常生活でも活用されます。さらに、作業所や言語療法士からの引き合いもあります。あらゆるところで使われ始めているDropTalkは、シンボルセットがカバーする領域を広めることが要求されています。

さらに、体系的に提供されることが重要です。シンボルの数が膨大になれば、ある程度のカテゴリを作って階層的に管理することになります。この階層が有意であり、使いやすいこと。またカテゴリが増えた時に、柔軟に階層を適用できるように管理することが必要です。

これらの課題に対応するには、新しく設計したシンボルセットが必要だという結論にいたりました。そこで試作を重ねてできあがったのが、CoCoシンボルセットです。「CoCo」の名前は、「心」に由来しています。

CoCoシンボルセットのデザインは、次のことに留意しています。

  • 視認性を高くすること。デザイン主体の輪郭を太くし、コントラストを高くすることで、視覚に障害があっても認識できるようにする。
  • 普遍的なデザインにすること。世界のどこに住んでいても、その文化的背景にかかわらず、受け入れらるようなデザインにする。
  • 2020年代にふさわしい、モダンなデザインにすること。不必要な輪郭線を除去したり、原色にたよらない色使いをすることで、モダンな雰囲気を生み出す。
  • ジェンダー、人種、宗教に配慮すること。ジェンダーや人種の差異を煽るような描写は避ける。特定の宗教的による事柄を、一般的なものとして記述しない。

CoCoは、まだ作成を開始してから日が浅いので、十分な数がありません。ですが、これからコツコツとどんどん作成して、バージョン5までのDropTalkのシンボル数を超えることをお約束します。

バージョン5までのDropTalkを購入してお使いの方は、DropsシンボルセットとCoCoシンボルセットの両方をお使いいただけます。バージョン6以降を新規に購入する方は、CoCoシンボルセットがお使いいただけます。

DropTalk 6正式公開!

お待たせしました!

すべてが新しくなった、DropTalk 6を公開します。

DropTalk 6は、従来の使い勝手はそのままに、見た目も中身もすべてが新しくなりました。
多様な子供たちの要求に応えること、最新のデバイスとOSの機能を活かすことを目的として、次の10年のために生まれ変わったDropTalkです。

すでにDropTalkをお使いの方は、App Storeからアップデートできます。iOSの設定で、アプリの自動更新を設定している方は、自動的にアップデートされます。原則として、一度アップデートすると前のバージョンに戻すことはできません。現在の環境をしばらく維持したい方は、アップデートを行わないよう、お願いします。

では、バージョン6の主な機能を紹介しましょう! たくさんありますので、一部の抜粋です。

全般

  • 見た目を一新しました。
  • アプリケーションアイコンを変更しました。
  • メニューなどにアイコンを多数追加しました。

キャンバスの選択画面

  • キャンバスのエッジを描画して、見やすくなりました。
  • キャンバスファイルのカット/コピー/ペースト/削除に対応しました。
  • キャンバスファイルの操作に対してアンドゥをサポートしました。
  • キャンバス名の変更を同一画面で行う様にしました。
  • キャンバスファイルの検索に対応しました。

キャンバス画面

  • 画面下部にツールバーを設置しました。ツールバーに常に操作ボタンが表示される様になり、分かりやすくなりました。
  • インスペクタを強化しました。
  • キャンバス名を、キャンバス画面から変更できる様になりました。
  • フルスクリーンボタンを、右上に常時表示する様にしました。
  • シンボルボタンに対して、シンボル名の表示を個別に設定できる様になりました。

スケジュール画面

  • 一つの予定に複数のシンボルがあるとき、タップしたシンボルから読み上げる様になりました。
  • 時刻の設定時に、「前の時間の続き」を選べる様になりました。前の時刻とタイマーの時間を足したものを、時刻として設定できます。

タイマー画面

  • すべての種類のタイマーで、シンボルを表示できる様になりました。これに伴い、シンボルタイマーは、リングタイマーに統合されました。
  • タイマー終了時に鳴らす、サウンドの種類が増えました。

スケッチ画面

  • スケッチキャンバスで、ページを追加できる様にしました。

シンボル

  • 新しいシンボルセットである「CoCoシンボルセット」を採用しました。このバージョンより、CoCoが標準のシンボルセットとなります。前バージョンよりお使いの方は、引き続きDropsシンボルも利用できます。
  • 標準シンボル読み上げ音声を、新規に録音しました。
  • YouTubeシンボルを追加しました。YouTubeの動画を再生することができます。(ネットワークに接続できる環境が必要です)
  • 教科書体フォントをサポートしました。テキストシンボルで、教科書体フォントを使うことができます。
  • 游明朝体、游ゴシック体フォントをサポートしました。テキストシンボルで使うことができます。
  • テキストシンボルで、フォントサイズを明示的に指定できる様になりました。
  • テキストシンボルで、テキストおよび背景色で、標準を指定できる様になりました。これにより、現在のアピアランスモード(ダークモードか否か)により、適切な色が選択されます。

文章モード

  • 文章ボタンを、画面下部に移動しました。文章の表示領域に近くなり、分かりやすくなりました。
  • 文章は、一つのキャンバス内で、埋め込まれたキャンバスも含めて、1つとしました。これにより、キャンバスリンクでつながったキャンバス間のシンボルを、1つの文章で利用できる様になりました。

キャンバスリンク

  • キャンバスリンク画面ボタンを、画面下部に移動しました。常に表示される様になり、分かりやすくなりました。

ストア

  • ストアのキャンバスを、試用できる様になりました。ダウンロードする前に、キャンバスを確認することができます。
  • ストアにあるキャンバスを検索できる様になりました。

設定画面

  • 各種設定項目の説明を、アニメーションで行う様にしました。これにより、設定の効果が分かりやすくなりました。

アクセシビリティ

  • 視線入力に対応しました。視線入力は、フルスクリーンモードでのみ利用することができます。(視線入力に対応したiPhone/iPadが必要です)
  • 顔の向きで操作を行う、フェイストラッキングに対応しました。フェイストラッキングは、フルスクリーンモードでのみ利用することができます。(視線入力に対応したiPhone/iPadが必要です)
  • スイッチインタフェースで、ページの移動、キャンバスリンク移動時に前のページへ戻る、動作に対応しました。

DropTalk 6パブリックベータ更新とアイコンの変更(210726)

ベータ期間の延長

DropTalk 6のパブリックベータ期間を延長します。さらなる修正とテストが必要だと判断したためです。ベータテストの終了は、7月30日を予定しています。

主な変更点

  • アイコンの変更
  • CoCoシンボルセットで、音声が再生されないシンボルがあった問題の修正
  • タッチしたときの挙動を「シンボルを拡大する」にして、重複タッチの設定を「重複タップを無視する」にしたとき、ボタンを連打すると拡大されたシンボル画像が消えないことがある問題の修正
  • ライブラリの検索画面で、検索結果のシンボルをタップしたときに、反応しない問題の修正ライブラリの検索画面で、シンボルを検索して選択し後、検索されたシンボルの背景の選択が解除されない問題の修正

アイコンの変更

DropTalkの、アプリアイコンを変更します。新しいアイコンのモチーフは「Open the Door」。ドアを開けよう、です。

心が閉じこもってしまっても、そのドアをそっと開けるためのツールになる。という思いを込めています。

ベータ版のインストール方法

パブリックベータは、どなたでも参加できます。参加するには、下記のリンクを、DropTalkをインストールするデバイスでタップしてください。

DropTalk 6パブリックベータ:https://testflight.apple.com/join/IX6RMUB0
DropTalk 6教育法人向けパブリックベータ:https://testflight.apple.com/join/IpwxQPNO

それぞれ、「DropTalk」「DropTalk教育法人向け」アプリのベータ版となります。機能はまったく同じです。もし、いまお使いのアプリをベータ版と置き換えてテストしたい場合は、同じアプリのベータ版をお使いください。そうではなく、いまお使いのアプリはそのままにしておきながら、ベータ版を別途試したい場合は、別のアプリを選ぶことができます。

DropTalk 6パブリックベータ更新(210723)

DropTalk 6パブリックベータ版のアプリを更新しました。テスト中の方は、アップデートをお願いします。

主な変更点

  • ライブラリ画面で検索した時、カテゴリがヒットしたときに、画像が空になる問題の修正
  • ライブラリ画面で検索した時、現在のシンボルセットとしてCoCoシンボルセットを選んでいた時、Dropsシンボルセットのシンボル画像が空になる問題の修正
  • ライブラリの設定画面でシンボルの言語を英語にした時、シンボルの音声再生が英語にならない問題の修正
  • アクセシビリティの設定でスクリーンスイッチを選択した時、機能しないことがある問題の修正
  • ライブラリ画面で、カテゴリを閉じた時のアニメーションの挙動を調整

ベータ版のインストール方法

パブリックベータは、どなたでも参加できます。参加するには、下記のリンクを、DropTalkをインストールするデバイスでタップしてください。

DropTalk 6パブリックベータ:https://testflight.apple.com/join/IX6RMUB0
DropTalk 6教育法人向けパブリックベータ:https://testflight.apple.com/join/IpwxQPNO

それぞれ、「DropTalk」「DropTalk教育法人向け」アプリのベータ版となります。機能はまったく同じです。もし、いまお使いのアプリをベータ版と置き換えてテストしたい場合は、同じアプリのベータ版をお使いください。そうではなく、いまお使いのアプリはそのままにしておきながら、ベータ版を別途試したい場合は、別のアプリを選ぶことができます。