カテゴリー別アーカイブ: その他

DropTalkをVPPで購入された方へ

現在、DropTalkはアプリ統合により移行手続きを行なっています。その中で、VPP (Volume Purchase Program)により購入された方々より、お問い合わせを受けています。

VPPに関しましては、いま使われている環境が千差万別ですので、個別の対応を行なっております。VPPで購入された方は、まずはメール(htm@hmdt.jp)でお問い合わせください。現在の使用環境をお尋ねして、移行手段をご提案したいと思います。

DropTalk 5.2.2の公開

DropTalk 5.2.2を公開しました。お使いの方は、バージョンアップをお願いします。

  • DropTalk HD、DropTalk HD Liteからキャンバスを移行した時、「#移行したキャンバス」フォルダからキャンバスを移動的ないことがある問題への対応
  • iOS 13で、シンボルの検索を行った時にクラッシュする可能性がある問題への修正

またDropTalk HD、DropTalk HD Liteをお使いの方は、DropTalkへの移行をお願いします。移行期間は、来年2020年の1月14日までです。

DropTalk 5.2.1の公開

DropTalk 5.2.1を公開しました。

DropTalk 5.2で、起動直後にDropTalkのロゴの画面から進まなくなることがる問題を修正しています。アップデートをよろしくお願いします。

DropTalk HD 5.2.1およびDropTalk HD Lite 5.2.1の公開

DropTalk HD 5.2.1およびDropTalk HD Lite 5.2.1が公開されました。このバージョンでは、5.2で確認されていた、アプリ起動時に起動画面から先に進まなくなることがある問題が修正されています。

ご迷惑をおかけしました。アップデートをよろしくお願いします。

DropTalk 5.2.1は、引き続き審査中です。いましばらくお待ちください。

 

DropTalk2019夏ツアー:関西編その3 和歌山

(2019年8月28日)

いよいよ最後の講習会です! 大阪のなんばから南海に乗って、和歌山大学を目指します。和歌山大学駅はとても山深い中にある、、、と思ったら、駅前にどーん! とイオンモールが! 日本中どこいってもイオンモールばっかりだ! そしてイオンモールがあれば、どこでも暮らしていけるぜ。

講習会を主催していただいたのは、和歌山の特別支援学校の、黒江先生。さらに、和歌山大学の江田先生のご助力により、和歌山大学の教室をお借りできました。さすが大学は部屋が広い。100人くらい楽に入ります。ちなみに、地元では和大と呼ぶそうです。

参加者は和歌山の先生方50人。応募者多数のため、途中で募集を打ち切ったそうです。ありがたや。机を島にして、6人くらいのグループでやったので、大変盛り上がりました。つーか、うるさいよ!

でも余裕があったのは最初だけ。初級編の後半から中級編になると、どんどん操作が難しくなるので、教室がシンとしてきます。フフフ、どーだ、DropTalkはいろんなことができるだろう。

終わった後は、先生方に関空まで車で送っていただきました。そこでご飯でも食べよう、ということになり、ちょうど空いていた551の中華屋さんへ。大阪っぽいね。
全部で6人だったのですが、何かのタガがはずれたように次々と注文を。気づくとテーブルから溢れんばかりのたくさんの皿。狂乱のフィナーレでした。

一応、最後にまとめを。2019年の夏ツアーは、日本全国14箇所を回りまして、延べ人数で約500人の方たちに受講していただきました。ありがとうございます。

DropTalkの講習会は、実践的であることを心がけています。明日の授業で使えるように、今晩子供とコミュニケーションとるために、使える内容を話しています。理論は他の研修で学んでください。その理論を実践するための道具がDropTalkです。

全国を周って、またも多くの要望をもらったので、DropTalk 6にブチ込みます。しばらくお待ちください。