カテゴリー別アーカイブ: その他

重要なお知らせ:「DropTalk教育法人向け」への名称変更について

日頃よりDropTalkをお使いいただき、ありがとうございます。重要なお知らせがあります。

DropTalk HDおよびDropTalk HD Liteをお使いの方へは、2019年の10月より、DropTalkアプリの統合に向けて移行をお願いしていました。多数のユーザの方にご協力いただき、ありがとうございました。もともとDropTalkアプリの統合は、Apple社の、同じ機能を持つアプリは1つにする、という方針にのっとったものでした。ですが、すでに公開済みのアプリなので、ユーザの移行を伴い、様々な問題がありました。いちばん大きな問題は、教育機関への対応でした。

教育機関では、多数のiOSデバイスを導入するため、それぞれにApple IDを割り当てて、アプリを1つずつ購入するというのは事実上不可能です。そこで、Apple School Manager (ASM)という仕組みを利用します。これを使うと、アプリの購入や管理を一括して、1つのApple IDで行うことができます。教育機関では、このASMを使うのが標準的となっています。

ですが現時点のASMでは、アプリ内課金の購入ができない、という制限があります。DropTalkは、いままでは有料アプリでしたが、昨年の移行にともなって無料+アプリ内課金の形態に変更しました。そのため、ASMでの購入ができなくなってしまいました。そのために多くの教育機関から、DropTalkの導入ができない、という問い合わせをいただきました。DropTalkは特別支援学校など、多くの教育機関で使われているアプリです。そこでApple社と協議を重ねて、DropTalk統合の方針を変更することとなりました。

「DropTalk HD」「DropTalk教育法人向け」と名称が変わります。そして有料アプリとして存続することになりました。いままでは移行の上アプリは削除するという方針でしたが、これを撤回します。今後もアップデートが続けられます。教育機関の方は、こちらをご購入ください。

教育法人向け、という名称ですが、特に今までと変わりありません。機能はDropTalk HDとまったく同じです。過去にDropTalk HDを購入した一般の方も、アップデートして利用し続けることができます。新規に購入することもできます。

「DropTalk HD Lite」をお使いの方は、これまで通り移行をお願いします。Liteは、DropTalkの機能を体験したい方に向けた、無料の機能制限版という位置付けでした。この役割はDropTalkの無料試用期間に引き継がれます。DropTalk HD Liteは、2020年7月中にApp Storeから削除する予定です。お使いの方は、DropTalkへの移行をお願いします。

ややこしくなってしまいましたが、まとめるとこんな感じです。下の図を参考にしてください。

既存のユーザの方には、ほんとに、ご迷惑ばかりかけておりますが、よろしくお願いします。

現時点でのASMなどを使ったDropTalkの導入につきまして

追記:教育機関の方に向けて、DropTalk HD統合の方針を変更しました。詳しくは「重要なお知らせ:「DropTalk教育法人向け」への名称変更」を参照してください。

DropTalkの導入について、アプリ内課金やASMでの購入について、色々とお問い合わせいただいているので、ここにまとめておきます。

DropTalkは、長期に渡って開発を続けいているので、過去にいくつかの派生版を公開しました。無印のDropTalkの他に、iPadに対応したDropTalk HD、無料ダウンロードできるDropTalk HD Liteがありました。iPadが登場した当初は、iPadに別版のアプリを用意するのが普通だったんですよね。ですがその後iOSも発展を続け、iPhoneとiPadのユニバーサルアプリや、基本無料でアプリ内課金による購入などができるようになりました。

この流れの中でApple社が、似たようなアプリを1つにまとめろという方針を出します。たとえば、過去の電子書籍アプリは1作品1アプリという形が多かったのですが、これらは書籍ストアアプリにまとめられました。この方針がDropTalkにも及びました。現在3つある派生版を1つにまとめろ、そうでなければバージョンアップを認めない、という通告がきました。

3つある派生版は、有料、有料、無料という形です。これを1つに統合してユーザに移行してもらうとなると、無料にしてアプリ内課金してもらう、という形しかありません。既存ユーザは新しい無料版をダウンロードして、なんらかの形でライセンスを受け継いで移行してもらいます。新規ユーザは、無料版ダウンロードの後にアプリ内課金を行います。Apple社との協議でもこれしかない、という話でした。

3つのものを1つにまとめるというのは、ある程度理にかなった話ではあるので、そこには異存はないです。移行のための開発作業を行い、今後は後継版しかアップデートしないという方針になっています。

1つ問題があります。DropTalkは特別支援学校など、教育機関で使われることが多いアプリです。教育機関では、大量のデバイスを導入するので、Apple School Managerというソフトでアプリを管理します。このASMが、アプリ内課金の購入に対応していないのです。

ASMが使えなければ、通常のアプリ内課金となります。これにはApple IDの取得、クレジットカードの登録またはiTunesカードの購入、さらに2ファクタ認証のための電話番号の登録などが必要となります。学校のような公的機関では、ハードルが高いです。

1年前までは普通にASMで購入できていたのが、いまではできなくなってしまいました。せっかくASMという仕組みがあるのに、それを活用できない状態にされたのが、とても腹立たしいです。

解決策は、AppleがASMでアプリ内課金も扱えるようにするか、DropTalk有料版のアップデート継続を認めてもらうか、しかないっぽいです。どちらもApple matterなので、こちらからは手が打てないです。教育委員会の購入担当者や、導入業者の方にご迷惑かける形になって、申し訳ないです。

どうにかならないですかね。

2020年DropTalk講習会夏ツアーの中止と、秋冬の募集

DropTalk講習会、コロナのため夏はすべて中止です! でもしゃくだから、秋と冬にやります!

2020年のDropTalk講習会は、夏ツアーを募集してたくさんのお申し込みをいただきました。ですが皆様ご承知の通りコロナウィルスの流行のため、いろいろ検討した結果、すべて中止とさせていただくことにしました。ご応募いただいた方と個別に議論を重ねたのですが、大半がやむなしという結論でした。残念です。

でもこのまま終わるのはしゃくなので、秋、および冬に開催したいと思います。ここで改めて、開催希望を募集したいと思います。夏とは少し要項を変えます。

  • 2020年10月〜2021年3月の期間で募集
  • 平日に加えて、土日、祝日も可
  • 感染症対策を行える開催場所

土日と祝日も対応するのが違うところですね。夏は、夏休みにまとめて地域を回る形にしていたものを、個別に行く形になるかと思っています。

また夏ツアーに応募していただいて方達には、もし秋冬にも応募していただけるのであれば、優先的に日程を割り当てたいと考えています。

オンラインでの開催を要望する声もいただきました。これも検討したのですが、いまのところオンライン講習会は予定していません。これは、DropTalk講習会はハンズオン形式が中心のためオンラインでは指導が難しいと思っています。また、私個人もいろんなオンラインの会議や講習や飲み会をやってみたのですが、多人数でのやり取りはあまり効果的でない、と実感もしました。2, 3人ならいいんですけど、30人くらいになると難しいですよね。

その代わり、講習ビデオを作ってそれを公開することを考えています。こっちはいいものが作れる予感がするので、お待ちください。講習ビデオを見た上で、質問や議論などをオンラインでやる、というのはありかな、と思っています。

では、DropTalk講習会2020秋、冬の募集要項です。

DropTalk講習会とは?

DropTalkの開発者であるHMDT株式会社の木下が講師となって、DropTalkの使い方を説明する講習会です。対象は、DropTalkを初めて使う方から、ある程度使ったことがあるけどもっと詳しい機能知りたい方、までです。

基本となるのは、初級2時間+中級2時間の4時間コースです。初級だけ、または中級だけという構成もありです。

講習の内容は、説明+ハンズオンとなっています。まず初めにスライドを使って説明。その後、実際にお手元のiPadを使って操作してもらう、という形式です。その場で操作しますので習得度が高いですし、わからないことはすぐ質問できます。iPadをお持ちでない方には、こちらで10台ほど持ち込みますので、お貸しできます。

例年は、春と夏にまとめておこなっています。学校が春休みと夏休みの時ですね。2019年は、全国17箇所、延べで500人以上の方を対象に行いました。2020年は、コロナのため少しやり方を変えて、秋冬に通期で行う形にします。

開催するには?

講習会を開催していただける方、団体を募集します。

開催者は例年、特別支援学校の先生や、各種NPO団体の方々になっていただいています。開催者には会場や集客の手配をしていただき、そこにHMDTから講師を派遣する、という形になります。

講習の内容は、こちらで用意します。

費用は?

講師料は無料です。講師の移動に伴う交通費や宿泊費は、こちらで負担します。つまり、持ち出しです。

会場費や資料の印刷代などは、開催者側でご負担をお願いします。

日程は?

2020年10月1日から、2021年3月31日の間で募集します。年末年始期間(12/28~1/3)を除いて、全日受け付けます。平日でも土日でも祝日でもオッケーです。夜間もオッケーです。

応募するには?

ここまで読まれて興味を持たれた方は、ご連絡ください。以下の内容を含めてください。

  • 担当者名
  • 開催団体名
  • 開催希望日
    第一希望から順に、複数指定していただくとスムーズに決定できます。
  • 会場(候補)
    まだ決定できない場合は予定で構いません。
  • 講習の内容
    初級+中級(4時間)、初級(2時間)、中級(2時間)からお選びください。

連絡先は、以下のいずれかをお選びください。

  • メール htm@hmdt.jp
  • Facebook Meessage @DropTalkDev
  • Twitter DM @DropTalkDev

募集期間は、6月30日までとさせていただきます。そのあと、日程調整などを始めます。

では、よろしくお願いします。

2020年DropTalk講習会ツアーの募集

6月7日追記:2020年の夏ツアーは中止となりました。代わりに、秋冬に開催します。こちらをご覧ください

今年もやります、DropTalk講習会!

毎年ご好評いただいている、日本全国各地で開催しておりますDropTalk講習会を、2020年もやろうと思います。興味のある方は、下記の要項をお読みの上、お問い合わせください。

DropTalk講習会とは?

DropTalkの開発者であるHMDT株式会社の木下が講師となって、DropTalkの使い方を説明する講習会です。対象は、DropTalkを初めて使う方から、ある程度使ったことがあるけどもっと詳しい機能知りたい方、までです。

基本となるのは、初級2時間+中級2時間の4時間コースです。初級だけ、または中級だけという構成もありです。

講習の内容は、説明+ハンズオンとなっています。まず初めにスライドを使って説明。その後、実際にお手元のiPadを使って操作してもらう、という形式です。その場で操作しますので習得度が高いですし、わからないことはすぐ質問できます。iPadをお持ちでない方には、こちらで10台ほど持ち込みますので、お貸しできます。

毎年、春と夏にまとめておこなっています。学校が春休みと夏休みの時ですね。2019年は、全国17箇所、延べで500人以上の方を対象に行いました。

開催するには?

講習会を開催していただける方、団体を募集します。

開催者は例年、特別支援学校の先生や、各種NPO団体の方々になっていただいています。開催者には会場や集客の手配をしていただき、そこにHMDTから講師を派遣する、という形になります。

講習の内容は、こちらで用意します。

費用は?

講師料は無料です。講師の移動に伴う交通費や宿泊費は、こちらで負担します。つまり、持ち出しです。

会場費や資料の印刷代などは、開催者側でご負担をお願いします。

日程は?

日程は、春季と夏季の2つで募集します。春季は3月23日〜4月10日、夏季は7月13日〜9月4日となります。

原則として平日のみとなります。土日と祝日はお断りさせてください。夜間はオッケーです。今年は東京オリンピックがあり、その期間中(7/24〜8/9)は、交通機関や宿泊施設が混乱すると予想されるので、できるだけ避けたいです。

また、全国を回ることになりますので、可能な限り近隣の開催地をまとめて回りたいです。たとえば、九州地方や関西地方での講習会をまとめて、3日間でまわったりします。そのような日程の調整にご協力ください。

応募するには?

ここまで読まれて興味を持たれた方は、ご連絡ください。以下の内容を含めてください。

  • 担当者名
  • 開催団体名
  • 開催を希望する時期
    ◯月◯日〜◯月◯日が可能、という形でお知らせください。ピンポイントで指定しても、ご希望に添えない場合があります。学校の研修として行う場合、春休みや夏休みの時期もあわせてお知らせいただけると、スムーズになります。
  • 会場(候補)
    まだ決定できない場合は予定で構いません。
  • 講習の内容
    初級+中級(4時間)、初級(2時間)、中級(2時間)からお選びください。

連絡先は、以下のいずれかをお選びください。

  • メール htm@hmdt.jp
  • Facebook Meessage @DropTalkDev
  • Twiiter DM @DropTalkDev

募集期間は、2月2日までとさせていただきます。そのあと、日程調整などを始めます。

去年の夏ツアーの様子

参考までに、去年の夏ツアーの様子を紹介します。

一月半で14箇所! よくやったよ、我ながら。

DropTalk HD/Liteからの移行期限後の対応について

追記:DropTalk HD統合の方針を変更しました。詳しくは「重要なお知らせ:「DropTalk教育法人向け」への名称変更」を参照してください。

「DropTalk HD」および「DropTalk HD Lite」は、Apple社の要請により、「DropTalk」へ統合されました。お手数ですが、お使いの方には移行手続きをお願いしています。移行期限は、2020年1月14日です。

1月14日を過ぎると、何が起きるかを説明します。この期日を過ぎると、DropTalk HDおよびDropTalk HD Liteが、App Storeより削除されることがApple社より通告されています。予告通り行われれば、これ以降はDropTalk HDをApp Storeからダウンロードしたりアップデートしたりすることができなくなります。

DropTalk HDを最終バージョンである5.2にしないと、DropTalkへの無償移行ができなくなります。ですので、1月14日までに、最低でも最新版にバージョンアップしておくことをお願いします。DropTalkへの移行自体は、この日を過ぎても行うことができます。

1月14日を過ぎても、すでにインストールしてあるDropTalk HDはそのまま使い続けることができます。ただし、デバイスから削除したり、新規デバイスに移行した時は、再インストールすることができません。止むを得ずしばらくDropTalk HDを使い続ける必要がある場合は、削除しないように気をつけてください。

もし1月14日までにアップデートを行えない場合は、個別に対応させていただきます。DropTalk起動後のプラン購入画面から、「過去にDropTalkを購入したことがある方はこちら」をタップしてください。

移行に関する記事をまとめておきます。以下のリンクを参考にしてください。

追記:DropTalk HD統合の方針を変更しました。詳しくは「重要なお知らせ:「DropTalk教育法人向け」への名称変更」を参照してください。