カテゴリー別アーカイブ: iOSマニュアル

シンボル:音声の設定

シンボルをタップしたときに再生する音声を、独自に設定することができます。シンボルの音声を設定するには、3通りの方法があります。「録音」「ミュージック」「スピーチ」です。

録音は、iOSデバイスのマイクを使って音声を録音します。ミュージックは、iOSデバイスに含まれるiTunesライブラリから、ミュージックを選択して使用します。スピーチは、入力したテキストを読み上げて再生するものです。

音声の設定は、シンボルの編集画面で「音声の入力」をタップすると表示される、音声の入力画面で行います。

symbol_voice_button

録音

録音画面では、iOSデバイスのマイクを使って音声を録音できます。
録音画面下部の、青丸の録音開始ボタンをタップし、デバイスのマイクに向かって直接発声、もしくは音声を流して録音します。録音停止ボタンをタップすると、録音は終了します。録音後、再生ボタンで録音した音声を確認できます。必要なら録り直をします。

symbol_voice_record

ミュージック

ミュージック画面では、iTunesライブラリに含まれるミュージックを選択できます。使用するミュージックは、あらかじめiTunesライブラリに含めておく必要があります。含まれているミュージックは、iOS標準の「ミュージック」アプリから確認できます。
「Apple Music」の楽曲を使用するときは、あらかじめ自分のライブラリに追加しておいてください。
ミュージックを選択するには、「ミュージックを選択」ボタンをタップします。

*画像:iPhone
symbol_music

iOSデバイスのiTunesライブラリにアクセスし、ポップアップが表示されます。希望の音楽を選択します。検索したいときは、「ミュージックを検索」を使用します。

*画像:iPhone
symbol_music_select

ミュージックを選択すると、その音楽ファイルが持つアートワーク画像とともに配置されます。アートワーク画像は、シンボルまたはカテゴリの画像としてそのまま使用することもできます。使用しない場合は、「アートワーク画像を使用ボタン」をオフにしてください。画面下の再生ボタンで音楽を再生し、確認することができます。

*画像:iPhone
symbol_music_select_iphone3

「ミュージック」を利用したシンボルは、異なるiOSデバイスと共有した際、音声の情報は共有されません。これは、iTunesから購入した楽曲であっても、自分で作成した楽曲であっても同様です。共有の際はお気をつけください。

スピーチ

スピーチは、入力したテキストを読み上げます。iOSの持つ読み上げ機能を利用します。

スピーチ画面で、テキストフィールドにテキストを入力します。

symbol_voice_speach_text

音声化されたテキストは、再生ボタンで確認できます。読み上げる声の高さや速度は、スライダーで調節できます。

symbol_voice_speach
 
シンボルの作成や編集に関するその他の項目は、下記リンクより遷移してください。

ライブラリに関する項目へのリンク

ライブラリに関するその他の項目は、下記リンクより遷移してください。

カテゴリ

シンボルとカテゴリの管理

シンボルの作成

DropTalkでは、自身で用意した画像と音声を使って、ライブラリに新規のシンボルを追加することができます。ここでは、新規シンボルの作成の仕方を説明します。

新規のシンボルを作成するには、ライブラリ画面で「新規ボタン(+)」をタップし、ポップアップメニューから「新規シンボル」を選択します。

new_symbol1

ライブラリ画面の新規ボタンは、最初の階層では常に左上に表示されますが、カテゴリの中の階層では通常時は表示されません。編集ボタンをタップして編集モードにすることで、左上に表示されるようになります。

symbol_edit

「シンボルの編集画面」が表示されます。

new_symbol_edit

この画面から、シンボルの名前、画像、音声を設定できます。名前、画像、音声は、既存のシンボルについても同様の操作で編集できます。
 
シンボルの作成や編集に関する各設定の詳細は、下記リンクより遷移してください。

  • 音声の設定
  • ライブラリに関する項目へのリンク

    ライブラリに関するその他の項目は、下記リンクより遷移してください。

    カテゴリ

    シンボルとカテゴリの管理

    キャンバスの管理:キャンバスの情報

    キャンバスの選択画面を編集モードに切り替えると、キャンバスの下に「情報ボタン(i)」と「タイトルラベル」が表示されます。これらをタップすると「情報の編集画面」を表示します。情報の編集画面では、名称、キャンバスのタイプ、使用言語の編集を行うことができます。

    名称

    次の画像は、キャンバスの「情報の編集画面」です。

    「名称」のテキストフィールドを選択して、テキストを入力します。
    canvas-select-name

    タイプ

    「タイプ」では、キャンバスのタイプを変更することができます。

    コミュニケーションキャンバスでは、シンボルの配置およびキャンバスの向きを変更することができます。シンボル配置は、縦1×1から縦4×5、横1×1から横5×4のテンプレートから選択します。すでに配置されているシンボルは、新しく選択したテンプレート上で再配置されます。

    canvas-select-typec

    スケジュールキャンバスでは、キャンバスの向きを変更することができます。

    canvas-select-types

    言語

    「言語」では、キャンバスの使用言語を変更することができます。使用言語を変更すると、キャンバスを表示した際のシンボル名のテキスト表示が、選択した言語での表示となります。
     使用言語は、「漢字」「かな」「英語」「アプリ設定」の4つから選択します。アプリ設定を選択すると、『設定:一般』>『シンボル名の言語』での設定に準じて表記します。新規キャンバスを作成すると、デフォルトでアプリ設定になります。

    canvas_select_language

    キャンバスの管理に関する項目へのリンク

    キャンバスの管理に関するその他の項目へは、下記リンクより遷移してください。

    キャンバスの管理

    キャンバスの選択画面では、キャンバスの追加や整理、複製や削除、情報の変更、といった種々の管理を行うことができます。ここでは、キャンバスの選択画面でできるキャンバスの管理について説明します。

    下記リンクより必要項目に遷移してください。

    時計表示の復帰

    スケジュールキャンバスの時計は、時刻、タイマーいずれかを表示しない、または、時刻、タイマー両方の時計そのものを表示しない設定が可能です。ここでは、時計すべての表示をオフにしている場合の表示の復帰について説明します。

    時計表示の復帰

    時計丸ごとの表示をオフにしている場合、キャンバスを編集モード画面に切り替えると、次の画像のように「時間設定なし」のボタンが表示されます。
    watch_none
    「時間設定なし」をタップすると、時計の編集画面が表示されます。セグメンテッドコントロールで時刻もしくはタイマーに切り替え、それぞれ「表示」のオン/オフを選択して表示を復帰します。
    watch_restore1
    watch_restore2

    page top

    *時刻のみ、またはタイマーのみを表示している場合は、『スケジュールキャンバスのタイマーの設定』ページで述べたように、2通りの方法で時計の編集画面に切り替えることができます。時計の編集画面で、表示についてのオン/オフを操作してください。

    スケジュールキャンバスのその他の項目へのリンク