作成者別アーカイブ: HMDT

DropTalk 6.0.10公開

DropTalk 6.0.10を公開しました。アップデートをお願いします。

以下の項目が修正されます。

  • アクセシビリティのタッチ操作に、振動フィードバックを追加しました。シンボルをタップしたときに、振動を使ってフィードバックさせることができます(iPhoneのみ)。

ずっと昔から要望のありました、シンボルタップ時の振動フィードバックを対応してみました。シンボルをタップすると、iPhoneが振動します。

振動の種類は、複数から選ぶことができます。振動がブルブルっとふるえるやつで、触覚というのは3Dタッチとかで使われるカキン!って感じのやつです。言葉で説明するのが難しい。

対応はiPhoneのみになります。iPadではできません。

DropTalk 6.0.9公開

DropTalk 6.0.9を公開しました。お手数ですがアップデートをお願いします。

以下の修正が含まれます。

  • ログ機能の復活

一時的に無効化していました、ログ機能を復活させました。DropTalk 5と同等のログ機能が使えます。

ついでに見た目や使い勝手は、DropTalk 6クオリティにアップさせました。

DropTalk 6タスクリスト 2021年9月7日(バージョン6.0.8)

DropTalk 6に、不具合の報告や要望などを寄せていただきありがとうございます。これらはブログのコメント欄、Facebook、メール、Messageなど色々なところで受け取っています。

返事ができないものがあったり、他の方とも共有したいので、現在こちらで把握して作業しているタスクリストを公開します。このリストに載っている問題をすべて潰すべく作業を進めています。

作業の優先順位は、致命的かどうかと、作業時間の見積もりをもとに決めています。

もしリストに載っていない不具合や要望がありましたら、どの手段でもいいのでお知らせください。追加していきます。

タスクリスト 2021年9月7日(バージョン6.0.8)

シンボル作成時に「ファイルから選択」を追加

カテゴリ:機能復活、新機能追加

キャンバス画面を編集するときや、ライブラリ画面でシンボルを追加するときに、デバイスに含まれているファイルを選択してシンボルを作成できるようにします。メニューに「ファイルから選択」という項目を追加します。

画像、音声または動画のファイルを選択できるようにします。

従来、ミュージック画面にあった「ファイルから選択」を拡張したものになります。

シンボルにおける動画の指定を画像から独立

カテゴリ:機能復活、新機能追加

現在、シンボルは「画像」と「音声」の組み合わせで構成されています。動画に関しては、画像の一種という取り扱いになっています。そのためシンボルに動画を設定すると、そのサムネイルが画像として使われています。

DropTalk 5では、動画を設定した後に画像を設定すると、サムネイルとは別の画像を使うことができました。これはイレギュラーな特別扱いでした。

これを、シンボルを「画像」「音声」に加えて「動画」を別に設定できるようにします。これにより、動画シンボルにサムネイル以外の画像を、明示的に設定できるようになります。

「フォーカスが当たったときシンボルを読む」が作動しないことがある問題の修正

カテゴリ:バグ修正

スイッチインタフェースの設定で、「フォーカスが当たったときシンボルを読む」という設定項目があります。これは、フォーカスが当たったときに、そこにシンボルがあればそれを読み上げるという設定です。視覚に障害があるユーザなどが使うことを想定しています。

この機能が作動しない、というバグ報告を受けています。これを修正します。

キャンバスリンク画面の問題をすべて解決する

カテゴリ:バグ修正、再現手順確立

キャンバスリンク画面で、まだいくつか問題の報告をいただいています。これをすべて修正します。ただ、こちらの環境で問題が再現できないものがいくつかあります。再現手順の確立を探っています。

キャンバスリンク画面の「キャンバスを読み込む」を機能させる

カテゴリ:機能復活

DropTalk 5のキャンバスリンク画面には、作成済みのキャンバスを取り込む、「キャンバスを読み込む(Import Canvas)」という機能がありました。これが、DropTalk 6では機能していません。これを復活させます。

キャンバスリンク画面で新しいキャンバスを作るとき、ルートキャンバスの言語設定を引き継ぐ

カテゴリ:機能改良

DropTalk 6では、キャンバスリンクされるそれぞれのキャンバスで、使用する言語を個別に設定できるようになりました。たとえば、漢字を使用しているキャンバスから、英語を使用しているキャンバスにリンクすることができます。

キャンバスリンク画面で新しいキャンバスを作るとき、今はデフォルトの言語設定を使うようになっています。これですと、たとえば英語のルートキャンバスを作っても、デフォルト設定が漢字の場合、リンクされるキャンバスは漢字で作成されてしまいます。

これを、ルートキャンバスの言語設定を引き継ぐように変更します。

ペアレンタルロック機能の復活

カテゴリ:機能復活、機能改良

DropTalk 5では、ペアレンタルロック機能がありました。使用しているユーザが少ないと判断して、削除しました。

ですが必要だという要望がありましたので、復活させます。いくつかの機能改良を予定しています。

スイッチインタフェースで、リンクジャンプしてから元の画面に戻ったとき、フォーカスの選択位置を保持する

カテゴリ:機能改良

スイッチインタフェース機能を使っているとき、シンボル上をフォーカスが移動します。シンボルにリンクが含まれている場合、次のキャンバスへリンクジャンプすることができます。ジャンプ先から元のキャンバスに戻ってきたとき、以前のフォーカス位置からフォーカス移動を再開するようにします。

スケッチシンボルをコピー/ペーストできるようにする

カテゴリ:バグ修正

DropTalk 6では、シンボルのコピー/ペーストができるようになっています。ですが、スケッチシンボルに対するコピーとペーストができません。これをできるようにします。

キャンバスリンク画面で、追加したキャンバスの名前を変更できるようにする

カテゴリ:機能改良

キャンバスリンク画面で新しいキャンバスを追加すると、0、1、2というように名前がつけられます。これを自由に名前を設定できるようにします。

ログ機能の復活

カテゴリ:機能復活、機能改良

DropTalk 5では、ログ機能がありました。これを復活させます。いくつかの機能改良を予定しています。

タイマーが終了したときの挙動を設定可能にする

カテゴリ:機能改良

複数のタイマーを含むタイマーキャンバスで、あるひとつのタイマーが終了したとき、考えられる挙動は以下のようなものがあります。

  • そのまま停止する
  • 終了画面を表示して停止する
  • 終了画面を表示して停止して、一定時間経過後に終了画面を消す
  • 終了画面を表示して停止して、一定時間経過後に終了画面を消して、次のタイマーに移動する
  • 終了画面を表示して停止して、一定時間経過後に終了画面を消して、次のタイマーに移動して、開始する

どれにすべきかはいつも悩みます。実際に寄せられる要望を見ますと、色々な方が様々な用途で使っていますので、やはり、全部対応します。タイマーが終了した時の挙動を細かく設定できるようにします。

キャンバスが消える問題の調査、およびバックアップの作成

カテゴリ:バグ修正、再現手順確立、機能改良

DropTalk 6にアップデートしたらキャンバスが消えた、という報告をいくつかいただいています。大変致命的な問題と考えています。ですが、こちらで問題が再現できていないので、解決が難航しています。

まず大前提として、DropTalkのソースコードでは、ユーザが操作せずにキャンバスファイルを削除するコードはないです。ないはずです。ではなぜキャンバスが表示されないかというと、キャンバスの表示順序などを管理しているファイルがあります。このファイルが壊れているのではないか? と推測しています。

であれば、キャンバスは表示されないものの、ファイル自体は残っている可能性があります。そこで、バックアップ機能を実装したいと思います。バックアップをとってその中身を確認すれば、不具合を修正し、ファイル表示を復活させる可能性があります。

もう一つ考えられるのは、DropTalkが動作する環境が変わっている場合です。たとえば、Apple IDを変更したり、アプリの版(DropTalkとDropTalk教育法人向け)が変わったりした場合です。この場合でも、バックアップファイルをやりとりして復活できるようにします。

マイクでの録音時間のさらなる延長

カテゴリ:機能改良

マイク機能を使って音声を録音する場合、現在は最長180秒としています。要望がありましたので、これをさらに延長します。無制限としたいと考えています。

無制限の場合、ストレージ容量のチェックや、ヒストグラム情報の管理の対応などが必要になるので、その対応を行います。

また各種トリックプレイ(早送り、巻き戻し、シーク)にも対応したいと思います。

シンボルをタップしたときに振動させる

カテゴリ:機能改良

シンボルをタップすると、現在は音声を再生しますが、それに加えてデバイスを振動させる機能を追加します。これにより、視覚に障害のあるユーザも使いやすくなります。また振動をトリガーとして他のデバイスと連動させることができます。

シンボルの名前読み上げのときの問題の対応

カテゴリ:機能改良

音声を設定していないシンボルをタップしたとき、現在はシンボルの名前を読み上げるようになっています。ですが、漢字の名前を設定している場合しか対応していません。

これを、かな、および英語が設定されている場合も対応します。キャンバスの言語設定を尊重して名前を選択するようにします。

DropTalk 6.0.8公開

DropTalk 6.0.8を公開しました。お手数ですがアップデートをお願いします。

以下の修正が含まれます。

  • シンボルを編集する時にスケッチを選択して、カメラまたはフォトライブラリから画像を選択して保存し、再度編集しようとすると画像が反映されない問題の修正
  • シンボルを編集する時にスケッチを選択して、ライブラリからシンボルを選択して保存し、再度編集しようとするとシンボル画像が反映されない問題の修正
  • ライブラリ画面で、新規ライブラリを作成し、画像の編集としてスケッチを選択したとき、クラッシュすることがある問題の修正
  • iPhoneで、スケッチ画面で、スケッチオブジェクトを選択してメニューを表示した時、メニューがポップアップにならない問題の修正
  • シンボルの「開いた時に読み上げ」の設定が、解除することができなことがある問題の修正

スケッチ周りの修正が含まれます。作成したスケッチをもう一度編集しようとすると、画像やシンボルが表示されないことがある問題を修正しています。

DropTalk 6.0.7公開

DropTalk 6.0.7を公開しました。お手数ですが、アップデートをお願いします。

以下の修正が含まれます。

  • キャンバスリンク画面で、新規キャンバスを作成してすぐにリンクを接続し、そのまますぐに編集したときに、編集結果が表示されないことのある問題の修正
  • キャンバスリンク画面で、キャンバスのコピー/ペーストを行なったとき、キャンバスのIDが重複してしまい、リンクの接続に問題が発生する問題の修正
  • キャンバスリンク画面で、新しいキャンバスを追加したとき、すでにあるキャンバスにぴったり重なってしまう症状への対応
  • テキストで、フォントに「システムデフォルト(太字)」を選択した時に反映されない問題の修正
  • AirDropでキャンバスを受信したとき、キャンバスを開いていると表示に反映されない問題の修正
  • プラン購入時に、無料体験期間付き月額課金の購入できないことのある問題の修正
  • キャンバスの不具合報告機能の追加

キャンバスリンクで、編集結果が反映されないことがある問題を修正しました。この問題、ご報告をいただいてから再現テストを行っていたのですが、稀に再現するものの、100%確実な再現手順を確立できず難航していました。

最終的に確立された再現手順は、

新規キャンバスを作成する
→キャンバス画面を開く
→キャンバス画面内部で新規キャンバスを作成する
→ルートキャンバスから新規キャンバスにリンクを接続する
→新規キャンバスを編集する
→新規キャンバスの編集を完了する
→編集結果が反映されない

でした。途中の手順を省いたり、余計なものが入ったりすると不具合が起きません。この手順を確立できたので、修正を行うことができました。

また、キャンバスの不具合報告機能を追加しました。キャンバスを開いた画面にあるアクションメニューに、「キャンバスの不具合を報告」という項目が追加されています。

これを選択しますと、不具合のレポートともに、キャンバスを直接サーバにアップロードすることができます。メールアプリの起動などは必要ありません。

キャンバスを開いた時に不具合のある方は、これでご報告いただけると助かります。