作成者別アーカイブ: HMDT

DropTalk2019夏ツアー:関西編その3 和歌山

(2019年8月28日)

いよいよ最後の講習会です! 大阪のなんばから南海に乗って、和歌山大学を目指します。和歌山大学駅はとても山深い中にある、、、と思ったら、駅前にどーん! とイオンモールが! 日本中どこいってもイオンモールばっかりだ! そしてイオンモールがあれば、どこでも暮らしていけるぜ。

講習会を主催していただいたのは、和歌山の特別支援学校の、黒江先生。さらに、和歌山大学の江田先生のご助力により、和歌山大学の教室をお借りできました。さすが大学は部屋が広い。100人くらい楽に入ります。ちなみに、地元では和大と呼ぶそうです。

参加者は和歌山の先生方50人。応募者多数のため、途中で募集を打ち切ったそうです。ありがたや。机を島にして、6人くらいのグループでやったので、大変盛り上がりました。つーか、うるさいよ!

でも余裕があったのは最初だけ。初級編の後半から中級編になると、どんどん操作が難しくなるので、教室がシンとしてきます。フフフ、どーだ、DropTalkはいろんなことができるだろう。

終わった後は、先生方に関空まで車で送っていただきました。そこでご飯でも食べよう、ということになり、ちょうど空いていた551の中華屋さんへ。大阪っぽいね。
全部で6人だったのですが、何かのタガがはずれたように次々と注文を。気づくとテーブルから溢れんばかりのたくさんの皿。狂乱のフィナーレでした。

一応、最後にまとめを。2019年の夏ツアーは、日本全国14箇所を回りまして、延べ人数で約500人の方たちに受講していただきました。ありがとうございます。

DropTalkの講習会は、実践的であることを心がけています。明日の授業で使えるように、今晩子供とコミュニケーションとるために、使える内容を話しています。理論は他の研修で学んでください。その理論を実践するための道具がDropTalkです。

全国を周って、またも多くの要望をもらったので、DropTalk 6にブチ込みます。しばらくお待ちください。

DropTalk2019夏ツアー:関西編その2 丹波篠山

(2019年8月27日)

関西2日目。大阪からJR宝塚線に乗ります。宝塚を越えてさらにいきます。気づくと、周りは田んぼと山です。山に雲がたなびいています。なんか、すごいとこにきました。

丹波篠山市に来ました。丹波篠山市手をつなぐ育成会の主催での、講習会です。会員の方や、PT、OTの方など、20名ほど参加していただきました。めずらしく、若い男性が多かったです。なんでも近くの施設で働いているとのこと。がんばれ、若者!

講習会とはぜんぜん関係ないのですが、丹波篠山市は、今年の5月に篠山市から名前を変えたのだそうです。その理由について、熱く語っていただきました。

「黒豆ゆうたら、どこが有名やと思う? 丹波やろ? みんな丹波ゆうやろ? ちゃうねん。黒豆は篠山やねん。丹波黒豆は、篠山市の特産やねん。もともとな、篠山はいくつかの町が集まってできた市なんや。そんとき丹波市にしようゆう話もあったんやけど、丹波はもっと広い地名やからゆうてやめたねん。ほしたら、隣に丹波市いうのが新しくできおったん。笹山は丹波のおまけみたいに言われてん。アホみたいやろ。だからうちらも市の名前を丹波篠山にしてん。」

みなさん、黒豆は丹波じゃないです。篠山です。

DropTalk2019夏ツアー:関西編その1 草津

(2019年8月26日)

2019の夏ツアーも、いよいよ最終局面。関西編です。今年の関西は、3箇所を回ります。同じ関西圏ということで3つまとめてはみたものの、滋賀県草津市、兵庫県丹波篠山市、和歌山県和歌山市と、端っこから端っこへと行くことになりました。移動時間長いっす。

東京から新幹線乗って、京都で降りて、琵琶湖線で移動です。草津駅で降りて、草津市教育委員会の森先生に迎えに来ていただきました。今回は、初の教育委員会の主催です。会場は草津市教育研究所。先生方が50人集まりました。さすがだ、教育委員会。

この日、草津の学校は2学期の始業式で、それが終わってから集まっていただきました。お疲れ様です!

初級編の2時間で大半の先生は帰りまして、中級からはiPadを楽しむ会と名を変えます。8名くらいでまったりと進めました。人数少ないと親密な感じになって、質問もたくさん出るんですよ。これはこれでいい感じ。

夕飯は、講習会をアレンジしていただいた太田先生達と、滋賀名物をご馳走に。滋賀盛り合わせという刺盛りがあったのですが、琵琶湖マス、鶏肉の叩き、湯葉、赤こんにゃく、といった独特の組み合わせ。特に赤こんにゃくは、こんにゃくなんですけど、赤いんですよ。なんで赤いのかは知らんのですが、滋賀の学校では給食ででるような地元のものだそうです。

こちらは水なす

ここから大阪に移動して一泊です。

DropTalk2019夏ツアー:九州北部編その3 佐賀

(2019年8月21日)

九州北部編、3日目は佐賀市です。主催していただいたのは木田先生。こちらも九州のレジェンドで、佐賀のLANなどでご活躍です。

会場となったのは、佐賀市青少年センターです。名前の通り、子供たちに向けた施設で、夏休み中の中高生がたくさんいて賑やかです。

ちょうどこの日は、もうすぐ夏休みも終わるので、佐賀市の学校で各種会議があったとのことで、参加者は少なめ。午前と午後あわせて20名ほどでした。でも人数は少ない方が盛り上がるんですよね。中級編でスケッチやキャンバスリンクをやったら、かなりの盛り上がりをみせました。終わった後も話止まらず、次回は温泉でやりましょう! なんて話も。いいですねぇ、温泉での講習会。

お昼ご飯は、佐賀名物シシリアンライス

最後は木田先生に車で佐賀空港まで送っていただき、佐賀名物をお土産にもらってしまいました。海苔と、わらすぼです! その見た目から有明海のエイリアンと称されるわらすぼ、インパクト強いです。

海苔の自動販売機

これにて九州北部編は終了。あとは関西を残すのみ。

DropTalk2019夏ツアー:九州北部編その2 今津

(2019年8月20日)

天神で泊まった翌日は、地下鉄とJRを乗り継いで、福岡市の今津に移動。福岡市立今津特別支援学校です。ここも去年来たので2回目です。山口先生にアテンドしていただきます。レジェンドの福島先生は残念ながら不在。

半年ぶりくらいに来ましたら、校長室の雰囲気がガラッと変わっていました。前あったソファーが取り払われて、脚の高いテーブルが置いてあります。このおかげで、車いすがスッと入ってこれるようになったとのこと。あー、いいですね、そういうの。

今宿での講習会、参加者は50名。大規模です。ハンズオンありの講習なんで、このくらいが限界かな。学校の先生だけではなく、子供たちとその保護者にも何組か参加していただきました。いつも感じるのですが、お母さんたちは本気度が違います。ここで覚えたことを、今日家に帰ったら使おう、という気概に溢れています。開発の人間からしたら、一番嬉しいユーザです。

いつもの初級+中級でしたが、山口先生の希望もあって、ログ機能やストア機能もいろいろと紹介。正直、4時間では機能を紹介しきれないですね。おいおいで使ってもらえればいいです。

終わった後は、美味しいパスタをご馳走になりました。また安松先生に、去年の懇親会で約束した焼酎「黄猿」をいただきました。覚えていてくれて感激です。黄猿うめぇ! ストレートのロックで芋くささを堪能です。

そして佐賀市に向けて移動。特急代ケチって普通で行ったので、1時間半ほどかかりました。佐賀に着いたら20時半ですでに真っ暗でした。