作成者別アーカイブ: HMDT

DropTalk 6.3.4リリース

DropTalk 6.3.4をリリースしました。バージョンアップをお願いします。

ライブラリ画面でテキストシンボルが表示されない問題の修正

ライブラリ画面で新規にシンボルを作ったり、キャンバスで作ったシンボルを書き出した時に、テキストシンボルだとライブラリ画面に登場しない、という問題がありました。

この問題は、ライブラリ画面がアイコンビュースタイルになっているときに発生していました。カラムビュースタイルだと、テキストシンボルも確認できていました。この問題を修正しています。

ライブラリ画面でシンボル名を表示するときにテキストフィールドがずれて表示される問題の修正

ライブラリ画面で、編集モードにしてシンボルの名前部分をタップすると、その場で名前を編集できます。ですが、そのときに表示されるテキストフィールドの位置がずれていました。この問題を修正しています。

DropTalk 6.3.3リリース

DropTalk 6.3.3を公開しました。お手数ですがアップデートをお願いします。

6.3.3では、キャンバスリンクに関する不具合を修正しました。キャンバスリンクを含むキャンバスの名前を変更したとき、そこに含まれるリンクが消えるまたはおかしくなる不具合を修正しました。

キャンバスリンクにまつわる不具合は長い間指摘されていて、大変なご迷惑をおかけしておりました。ようやく、不具合の再現手順とその原因を探し当てることができました。本当に申し訳ありませんでした。

技術的な話になってしまいますが、なにが問題であったかというと、キャンバスのファイル名を変更したとき、内部に含まれるリンクされたキャンバスファイルを探しにいく箇所があるのですが、このときキャンバスのディレクトリの中にあるファイルを探索するのに、その階層だけではなく再帰的に階層を潜っていくAPIを使っていたのが原因でした。気づいた瞬間には羞恥のあまり悶えてしまいました。

この修正により、リンクされたキャンバスに名前をつける機能を作動させることができました。キャンバスリンクの中で、それぞれのキャンバスに名前をつけることができます。

それぞれのキャンバスの名前は、キャンバスインスペクタから設定します。このテキストフィールドは、いままで無効化されていましたが、有効化して編集できる様になっています。

DropTalk 6.3〜6.3.2リリース

DropTalkの6.3リリース後、6.3.1、6.3.2をリリースしています。お手数ですがアップデートをお願いします。

6.3ではコロナウィルス、ワクチンやパラリンピック関連など、CoCoシンボル144種類を追加しています。

6.3.1では、動画やYouTuneシンボルを作成した時に、動画のサムネイルとは別に画像を設定できるようになりました。これにより、動画の内容に合わせた画像を使うことができます。

画面右側にあるインスペクタで、画像とビデオが別々にあることに注目してください。

6.3.2では、一部の画像を大きく表示した時、表示が見えなくなる問題を修正しました。シンボルを大きく表示する時はベクトル画像を表示するためにsvgフォーマットのファイルを使っているのですが、これの表示に一部問題がありました。

DropTalk 6.2.3リリース

DropTalk 6.2.3をリリースしました。お手数ですがアップデートをお願いします。6.2.1から6.2.3にかけての変更、修正点は、以下の通りです。

スケッチで作成したシンボルを編集するとき、その内容が消えることのある問題の修正

この問題は、以下の手順でシンボルを編集するときに発生していました。

シンボルを、スケッチを使って編集
→編集を完了
→そのシンボルを、スピーチを使って編集
→編集を完了
→再度そのシンボルを、スケッチを使って編集
→スケッチの内容が消える

スピーチで編集するところを、マイクやミュージックを使って編集した場合も発生していました。つまり音声系の編集を行った後、スケッチの内容が消えていました。

この問題が修正されます。

コミュニケーションキャンバス1×1など、大きいボタンでシンボルを編集したとき、その画像がぼやけることのある問題を修正

大きいボタンの画像の編集を行なった後、これもまた音声系の編集を行うと、その作業後にボタンの画像がぼやけることがありました。これを修正しています。

ページの順序を入れ替えたとき、即座にキャンバスを閉じるとその変更が保存されない問題の修正

キャンバスのページの順番を入れ替えたとき、その後何の編集も行わずに即座にキャンバスを閉じると、変更が保存されずページの順番が戻ってしまう問題がありました。

ページの順番を入れ替えた後にすぐ保存するように修正しました。

スケジュールキャンバスで「スケジュールを追加」にドラッグしたときの問題

スケジュールキャンバスで項目の順番をドラッグして入れ替えるとき、一番下の「スケジュールを追加」の領域までドラッグすると、その行と入れ替わってしまう、その後にクラッシュするという問題がありました。

これをその領域までドラッグできないように修正しました。

 

いくつか致命的な問題があってご迷惑をおかけしました。スケッチの内容が消える問題は、「キャンバスが消えた!」「作業していたのにその内容がなくなってしまった!」と、多くの報告をいただいておりました。大変まずい状況だと分かっていたのですが、どうやってもこちらで問題を再現することができなかったのです。

一般的にアプリの問題を修正するには、問題の再現手順の確立、というのが大変重要になります。再現手順というのは、こういう操作をしたら100%問題が発生する、という手順です。それがわかればすぐに解決できるのですが、見つけ出すのがとても難しい時があります。

よくある話ですが、開発者の方ではぜんぜん手順が見つからないのに、とあるユーザのところではしょっちゅう発生するということがあります。これは開発側がなまじっかアプリの中身がわかるだけに、ここでは問題が発生しないだろう、こういう操作はしないだろう、という思い込みがあります。そういったエアポケットみたいなところを、別のユーザがあっさり突いてくるという状況だと考えています。

今回の件は、どうにも問題が発生しなかったので、最終的にしらみつぶしに操作していきました。すべての種類のキャンバスに対して、考えられる編集操作の組み合わせのリストを作ります。それを一つずつ潰していって問題を発生させようというものです。

これにより、「シンボルに対してスケッチの編集をして、音声系の編集をして、もう一度スケッチの編集をする」という手順を見つけ出しました。見つかってしまえばなんてことはないのですが、これを得るまでにすごい時間がかかってしまいました。ようやく、キャンバスの編集内容が消えるという致命的な問題を修正できました。

たぶん、まだ問題があるんですよ。メールやクラッシュレポートなどで、問題があることは認識しています。たとえば、ライブラリ画面にシンボルを検索するテキストフィールドがあるのですが、これに絡んで何らかのクラッシュする問題があるはずです。クラッシュレポートからそれが読み取れています。ですが、これも再現しないんですよ。再現しないと、手が出せないのです。

とにかく、今後も問題を潰していきますので、よろしくお願いします。

DropTalk 6タスクリスト 2021年10月8日(バージョン6.0.13)

DropTalk 6で作業予定のタスクリストです。バージョン6.0.13の公開を受けて更新します。達成済みの項目を削除してあります。

タスクリスト 2021年10月8日(バージョン6.0.13)

シンボルにおける動画の指定を画像から独立

カテゴリ:機能復活、新機能追加

現在、シンボルは「画像」と「音声」の組み合わせで構成されています。動画に関しては、画像の一種という取り扱いになっています。そのためシンボルに動画を設定すると、そのサムネイルが画像として使われています。

DropTalk 5では、動画を設定した後に画像を設定すると、サムネイルとは別の画像を使うことができました。これはイレギュラーな特別扱いでした。

これを、シンボルを「画像」「音声」に加えて「動画」を別に設定できるようにします。これにより、動画シンボルにサムネイル以外の画像を、明示的に設定できるようになります。

キャンバスリンク画面で新しいキャンバスを作るとき、ルートキャンバスの言語設定を引き継ぐ

カテゴリ:機能改良

DropTalk 6では、キャンバスリンクされるそれぞれのキャンバスで、使用する言語を個別に設定できるようになりました。たとえば、漢字を使用しているキャンバスから、英語を使用しているキャンバスにリンクすることができます。

キャンバスリンク画面で新しいキャンバスを作るとき、今はデフォルトの言語設定を使うようになっています。これですと、たとえば英語のルートキャンバスを作っても、デフォルト設定が漢字の場合、リンクされるキャンバスは漢字で作成されてしまいます。

これを、ルートキャンバスの言語設定を引き継ぐように変更します。

ペアレンタルロック機能の復活

カテゴリ:機能復活、機能改良

DropTalk 5では、ペアレンタルロック機能がありました。使用しているユーザが少ないと判断して、削除しました。

ですが必要だという要望がありましたので、復活させます。いくつかの機能改良を予定しています。

スイッチインタフェースで、リンクジャンプしてから元の画面に戻ったとき、フォーカスの選択位置を保持する

カテゴリ:機能改良

スイッチインタフェース機能を使っているとき、シンボル上をフォーカスが移動します。シンボルにリンクが含まれている場合、次のキャンバスへリンクジャンプすることができます。ジャンプ先から元のキャンバスに戻ってきたとき、以前のフォーカス位置からフォーカス移動を再開するようにします。

スケッチシンボルをコピー/ペーストできるようにする

カテゴリ:バグ修正

DropTalk 6では、シンボルのコピー/ペーストができるようになっています。ですが、スケッチシンボルに対するコピーとペーストができません。これをできるようにします。

キャンバスリンク画面で、追加したキャンバスの名前を変更できるようにする

カテゴリ:機能改良

キャンバスリンク画面で新しいキャンバスを追加すると、0、1、2というように名前がつけられます。これを自由に名前を設定できるようにします。

タイマーが終了したときの挙動を設定可能にする

カテゴリ:機能改良

複数のタイマーを含むタイマーキャンバスで、あるひとつのタイマーが終了したとき、考えられる挙動は以下のようなものがあります。

  • そのまま停止する
  • 終了画面を表示して停止する
  • 終了画面を表示して停止して、一定時間経過後に終了画面を消す
  • 終了画面を表示して停止して、一定時間経過後に終了画面を消して、次のタイマーに移動する
  • 終了画面を表示して停止して、一定時間経過後に終了画面を消して、次のタイマーに移動して、開始する

どれにすべきかはいつも悩みます。実際に寄せられる要望を見ますと、色々な方が様々な用途で使っていますので、やはり、全部対応します。タイマーが終了した時の挙動を細かく設定できるようにします。

キャンバスが消える問題の調査、およびバックアップの作成

カテゴリ:バグ修正、再現手順確立、機能改良

DropTalk 6にアップデートしたらキャンバスが消えた、という報告をいくつかいただいています。大変致命的な問題と考えています。ですが、こちらで問題が再現できていないので、解決が難航しています。

まず大前提として、DropTalkのソースコードでは、ユーザが操作せずにキャンバスファイルを削除するコードはないです。ないはずです。ではなぜキャンバスが表示されないかというと、キャンバスの表示順序などを管理しているファイルがあります。このファイルが壊れているのではないか? と推測しています。

であれば、キャンバスは表示されないものの、ファイル自体は残っている可能性があります。そこで、バックアップ機能を実装したいと思います。バックアップをとってその中身を確認すれば、不具合を修正し、ファイル表示を復活させる可能性があります。

もう一つ考えられるのは、DropTalkが動作する環境が変わっている場合です。たとえば、Apple IDを変更したり、アプリの版(DropTalkとDropTalk教育法人向け)が変わったりした場合です。この場合でも、バックアップファイルをやりとりして復活できるようにします。

マイクでの録音時間のさらなる延長

カテゴリ:機能改良

マイク機能を使って音声を録音する場合、現在は最長180秒としています。要望がありましたので、これをさらに延長します。無制限としたいと考えています。

無制限の場合、ストレージ容量のチェックや、ヒストグラム情報の管理の対応などが必要になるので、その対応を行います。

また各種トリックプレイ(早送り、巻き戻し、シーク)にも対応したいと思います。

シンボルの名前読み上げのときの問題の対応

カテゴリ:機能改良

音声を設定していないシンボルをタップしたとき、現在はシンボルの名前を読み上げるようになっています。ですが、漢字の名前を設定している場合しか対応していません。

これを、かな、および英語が設定されている場合も対応します。キャンバスの言語設定を尊重して名前を選択するようにします。