月別アーカイブ: 2021年8月

DropTalk 6.0.3公開

DropTalkバージョン6.0.3を公開しました。お手数ですがバージョンアップをお願いします。

主な変更点は、以下の通りです:

  • コミュニケーションキャンバスで、行または列を削除する時、シンボルが想定通りに移動しない問題の修正
  • コミュニケーションキャンバスで、行または列を削除する時、最後の1つを削除しようとすると動作が不安定になる問題の修正
  • コミュニケーションキャンバスで、行または列を移動する時、シンボルの名前を表示を個別に設定していると、想定通りに移動しない問題の修正
  • スケジュールキャンバスで、チェックボックスのスタイルをボタンに埋め込むにしたとき、スケジュール部分をタップしてもチェックボックスが選択されない問題の修正
  • スケジュールキャンバスで、マージン領域をわずかに大きくする修正
  • スケッチキャンバスで、スケッチ領域外をタップした時に、オブジェクトの選択が外れるように対応
  • タイマーキャンバスで、タイマー終了時のデフォルトシンボルを設定
  • CoCoシンボルセットで、一部のシンボルに録音済み音声が設定されていなかった問題の修正

不具合の報告ありがとうございます。不具合を報告していただくときは、次の3つの情報を含めていただけると助かります。

  1. こういう操作をしたら、
  2. こういう動きを期待をしたのに、
  3. こういう結果になった。

この「操作、期待、結果」の、3つがあると対応しやすいです!

DropTalk 6.0.2公開

DropTalkバージョン6.0.2を公開しました。お手数ですがバージョンアップをお願いします。

主な変更点は、以下の通りです:

  • 印刷機能を機能させました
  • タイマー画面で、タイマーが複数ある時、あるタイマーが終了したら自動的に次のタイマーをスタートするようにしました
  • タイマー終了時画面で、デフォルトのシンボルを設定しました
  • シンボルの「名前を表示」の設定を即座に保村するようにしました
  • キャンバスリンクの接続ができないことがある問題を修正しました

不具合は急ピッチで修正しています。落ち着くまでもう少しお時間ください。

キャンバスリンクボタンとフルスクリーンボタン

DropTalk 6では、キャンバス画面の下部を、タブバーからツールバーに変更しました。これによりボタンの配置に余裕が出たため、いくつかのボタンの位置を変更しています。

キャンバスリンクボタンを、ツールバーの中央に置きました。アクセスがしやすくなりました。アイコンを、一般的なリンクを表す、鎖のアイコンに変更しています。

フルスクリーンモードにすると、一定時間経過後にフルスクリーン解除ボタンが隠れます。もう一度フルスクリーン解除ボタンを表示するには、画面右上をダブルタップしてください。

DropTalk 6.0.1公開

DropTalkバージョン6.0.1を公開しました。お手数ですがバージョンアップをお願いします。

主な変更点は、以下の通りです:

  • スケジュールキャンバスで、ドラッグして予定を並び替えた時に順番がおかしくなる問題の修正
  • スケジュールキャンバスで、編集モードにしたとき、アニメーションの動きがおかしい問題の修正
  • スケジュール、タイマーキャンバスでアクションボタンが表示されない問題の修正
  • メニューからライブラリを選択した時、完了ボタンが2つ並ぶことのある問題の修正
  • シンボルにビデオを設定している時、再生されないことがある問題の修正
  • AirDropでキャンバスを共有した時、シンボルが表示されないことがある問題の修正
  • スケッチで、複数オブジェクトを選択すると、真っ黒になることがある問題の修正
  • スケッチで、複数オブジェクトをグループ化すると、意図しない場所に移動してしまう問題の修正
  • スケッチで、ペンツールを選択した時、インスペクタでの選択が反映されない問題の修正
  • キャンバスリンク画面で、キャンバスをダブルタップして開いた時、編集できない問題の修正
  • スケジュール、タイマー、でアクションボタンが表示されない問題の修正

バージョン6は大きなバージョンアップになってので、いくつかの不具合が報告されています。バージョン5までの機能はすべて使えるように開発しています。急ピッチで修正を行なっていますので、もう少しだけお待ちください。

新しいアイコンについて

DropTalk 6では、標準のシンボルセットとしてCoCoを採用したことに伴って、アプリアイコンを変更しました。

新しいアイコンの名称は、「Open the Door」です。「ドアを開けよう」です。

ドアは、ある世界を閉じ込めるものになります。閉じこもっているものは、心かもしれません。または、障害のある人たちを閉じ込めておくものかもしれません。

そのドアを優しくノックして、少し開けるためのツールになりたい、とDropTalkは思っています。

アイコンのデザインは、引き続き、最小限の線や形で構成するものにしました。シンプル、というよりは単純なので、さまざまなバリエーションを生み出して活躍できます。