YouTubeが使えます【DropTalk 6紹介】

コミュニケーション支援アプリ「DropTalk 6」では、YouTubeをシンボルとして使えるようになります。DropTalk内でYouTubeの検索をして、それをシンボルとしてキャンバスに貼り付けることができます。タップすれば、もちろん再生します。

子供たちの興味をとにかく惹きつけるYouTube。ならば、好きなYouTubeの動画を並べたキャンバスを用意して、今日見る動画を子供たちに選んでもらう。そんな意思決定支援を行うことができます。

学校などネットワーク環境によってはYouTubeが見れないこともありますが、家庭では活躍できると思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です