月別アーカイブ: 2019年10月

[iOS版] 新規ユーザーの方向け DropTalk利用手順

新規にDropTalkを利用したい方への利用手順

現在、App Storeには、以下の3つのアプリがあります。
– DropTalk
– DropTalk HD
– DropTalk HD Lite

DropTalk HDおよび、DropTalk HD Liteは、バージョン5.2以降、DropTalkへ統合されることになりましたので、必ずDropTalkのご利用をお願いいたします。今後の新規機能追加などのアップデートはDropTalkのみで行われ、DropTalk HDおよび、DropTalk HD Liteは、従来のユーザーの方々のためのDropTalkへの移行期間が終了したのちにApp Storeから削除される予定ですので、ご注意ください。

<手順>
1. DropTalk(¥0)をインストールします。
*従来はダウンロード時の購入で¥3,060でしたが、DropTalk 5.2以降、利用プランを導入し、アプリ内課金でプランを購入する形態に変わりました。

2.DropTalkを起動します。

3.「DropTalkの使い方」の画面が表示されます。ページを右に移動していくと最後にプランの「購入」画面が表示されます。

4.いずれかのプランを購入してください。
利用プランについての詳細は、DropTalk 利用プランについてをご参照ください。

5.購入が正常に完了すると、プランの「購入」画面が閉じ、DropTalkを利用できるようになります。

ご利用中のプランの確認や変更は、アプリの設定>プランから行うことができます。


ベーシックバージョンを購入済みの方は、アプリの設定>プランでDropsを追加購入することができます。

関連する記事:

[iOS版] DropTalk アプリ統合について

追記:DropTalk HD統合の方針を変更しました。詳しくは「重要なお知らせ:「DropTalk教育法人向け」への名称変更」を参照してください。

DropTalk HD、DropTalk HD LiteはDropTalkへ統合されます


現在、App Storeには、以下の3つのアプリがあります。
– DropTalk
– DropTalk HD
– DropTalk HD Lite

DropTalk HDおよびDropTalk HD Liteは、DropTalkへ統合されます。これまでにDropTalk HDやDropTalk HD Liteのフルバージョンを購入したことがある方は、DropTalkのフルバージョンを無料でお使いいただけます。DropTalk HD Liteで無料版の制限付きのままでフルバージョン未購入だった方は、対象外です。

DropTalkは元々はiPhone向けのアプリでした。DropTalk HDは元々はiPad向けのアプリでした。これらが初めてリリースされた当時のApp Storeでは、まだiPadとiPhone両方で利用できるUniversalアプリを作成することができなかったため、別々に作成して配布する必要がありました。そして、無料体験版として、DropTalk HD Liteがありました。

今後のアプリのあり方について、Apple社からアプリを統合するよう要請を受け、弊社内での検討およびApp Storeのアプリレビューチームとの相談を重ねた末、DropTalk HDおよびDropTalk HD LiteをDropTalkへ統合することになりました。従来のユーザーの方にはお手数をおかけしますが、ご理解とご協力をお願いいたします。

移行手順の詳細は、以下のリンクから「DropTalk HD、DropTalk HD LiteからDropTalkへの移行手順」を参照してください。

移行期間は2020年1月14日まで

”DropTalk HD”および“DropTalk HD Lite”から、“DropTalk”への移行期間は、2020年1月14日までです。それ以降は、“DropTalk HD”および“DropTalk HD Lite”がApp Storeから削除されてしまい、アップデートできなくなります。期間内の移行を、必ずお願いいたします。今後は、“DropTalk”のみで新機能追加などが行われます。

追記:DropTalk HD統合の方針を変更しました。詳しくは「重要なお知らせ:「DropTalk教育法人向け」への名称変更」を参照してください。

[iOS版] DropTalk 利用プランについて

DropTalk 5.2以降、利用プランが導入され、お求めやすくなります

DropTalk 5.2以降では、DropTalkは無料でダウンロード可能になり、新規にご利用いただく際には、アプリ内課金にて以下のいずれかのプランのご購入が必要になります。

  • 無料体験付き月額課金(¥180/1ヶ月)
    フルバージョンを月額プランで利用できるようになりました。
    1ヶ月間無料で体験できます。その後は、月額課金となります。すべてのDropsシンボルが付属します。
    まずはDropTalkを試してみたいという方、短期間だけ限定的に使いたいという方におすすめです。

  • ベーシックバージョン(¥1,600)
    Dropsのシンボルが付属しない、最も基本的なセットです。Dropsのシンボルは、後で追加購入することができます(¥1,480)。
    シンボルはカメラやスケッチ、テキストなどの機能で一から作成する必要があります。いくつかのDropsシンボルをサンプルで使用することができます。

  • フルバージョン(¥3,060)
    Dropsのシンボル約700を含む、すべてを備えたセットです。すぐに魅力的なキャンバスを作ることができます。

従来のDropTalk、DropTalk HD、DropTalk HD Liteのフルバージョンのユーザーの方へ

DropTalk 5.1以前のDropTalk、DropTalk HD、DropTalk HD Liteのフルバージョンのいずれかをご購入いただいたユーザーの方は、専用の「移行者向けフルバージョン(¥0)」を購入することができ、無料でフルバージョンをお使いいただけます。DropTalk HD Liteで無料版の制限付きのままでフルバージョン未購入だった方は、対象外です。

    • 移行者向けフルバージョン(¥0)
      これまでのDropTalk、DropTalk HD、DropTalk HD Liteフルバージョンを購入したことがある方にご利用いただける、無料のフルバージョンです。

 

DropTalk 5.2以降のご利用手順

[iOS版] DropTalkの購入形態の変更および、アプリ統合についての重要なお知らせ

DropTalk 5.2以降、利用プランが導入され、お求めやすくなります

iOS版のDropTalk 5.2から、DropTalkの購入形態が変更されます。プランが導入され、お求めやすくなりました。DropTalkのダウンロード自体は無料となり、ご利用いただくには、アプリ内課金でいずれかのプランの購入が必要になります。

    • 無料体験付き月額課金(¥180/1ヶ月)
      フルバージョンを月額プランで利用できるようになりました。
      1ヶ月間無料で体験できます。その後は、月額課金となります。すべてのDropsシンボルが付属します。
      まずはDropTalkを試してみたいという方、短期間だけ限定的に使いたいという方におすすめです。
    • ベーシックバージョン(¥1,600)
      Dropsのシンボルが付属しない、最も基本的なセットです。Dropsのシンボルは、後で追加購入することができます(¥1,480)。
      シンボルはカメラやスケッチなどの機能で一から作成する必要があります。いくつかのDropsシンボルをサンプルで使用することができます。
    • フルバージョン(¥3,060)
      Dropsのシンボルを含む、すべてを備えたセットです。すぐに魅力的なキャンバスを作ることができます。

      詳しくは、DropTalk 利用プランについてをご参照ください。

従来のDropTalk、DropTalk HD、DropTalk HD Liteのフルバージョンのユーザーの方へ

追記:DropTalk HD統合の方針を変更しました。詳しくは「重要なお知らせ:「DropTalk教育法人向け」への名称変更」を参照してください。

DropTalk 5.1以前のDropTalk、DropTalk HD、DropTalk HD Liteのフルバージョンのいずれかをご購入いただいたユーザーの方は、専用の「移行者向けフルバージョン(¥0)」を購入することができ、無料でフルバージョンをお使いいただけます。DropTalk HD Liteで無料版の制限付きのままでフルバージョン未購入だった方は、対象外です。

  • 移行者向けフルバージョン(¥0)
    これまでのDropTalk、DropTalk HD、DropTalk HD Liteフルバージョンを購入したことがある方にご利用いただける、無料のフルバージョンです。

DropTalk HD、DropTalk HD LiteはDropTalkへ統合されます

DropTalk HDおよびDropTalk HD Liteは、DropTalkへ統合されます。これまでにDropTalk HDやDropTalk HD Liteのフルバージョンを購入したことがある方は、DropTalkのフルバージョンを無料でお使いいただけます。DropTalk HD Liteで無料版の制限付きのままでフルバージョン未購入だった方は、対象外です。

DropTalkは元々はiPhone向けのアプリでした。DropTalk HDは元々はiPad向けのアプリでした。これらが初めてリリースされた当時のApp Storeでは、まだiPadとiPhone両方で利用できるUniversalアプリを作成することができなかったため、別々に作成して配布する必要がありました。そして、無料体験版として、DropTalk HD Liteがありました。

今後のアプリのあり方について、Apple社からアプリを統合するよう要請を受け、弊社内での検討およびApp Storeのアプリレビューチームとの相談を重ねた末、DropTalk HDおよびDropTalk HD LiteをDropTalkへ統合することになりました。従来のユーザーの方にはお手数をおかけしますが、ご理解とご協力をお願いいたします。

DropTalk 5.2以降のご利用手順

移行期間は2020年1月14日まで

DropTalk HD”および“DropTalk HD Lite”から、“DropTalk”への移行期間は、2020年1月14日までとさせていただいております。それ以降は、“DropTalk HD”および“DropTalk HD Lite”がApp Storeから削除されてしまい、アップデートできなくなります。期間内の移行を、必ずお願いいたします。今後は、“DropTalk”のみで新機能追加などが行われます。

関連する記事:

追記:DropTalk HD統合の方針を変更しました。詳しくは「重要なお知らせ:「DropTalk教育法人向け」への名称変更」を参照してください。