山口でのDropTalk講習会ご報告

すっかり恒例となっているDropTalk講習会ですが、この度は山口県は長門市に行ってきました。その報告です。

HMDTでは、DropTalkを紹介するリーフレットを全国の特別支援学校に送っているのですが、そこには講習会を無償で行います、という案内も書かれています。それを見てご連絡いただいたのが、今回のきっかけでした。

はじめに問い合わせがあったとき、長門市の学校ということだったんですが、失礼ながら、長門ってどこよ? という感じでした。調べてみると、山口県かー。しかも日本海側。これはあれですよ、東京にある弊社からはかなり行きにくいところですね。地図とにらめっこした結果、新幹線でできるだけ近づいて、そっからレンタカーでいく、という経路を選択しました。

当日は、最近の講習会ではお約束になりつつある始発新幹線に乗って出発。新山口で降りて、そこからは駅レンタカーです。

今回会場となったのは、山口県長門市立深川小学校でした。まだ立て替えて新しいとのことで、綺麗な校舎です。この建物の中に、特別支援学級もあります。講習会を開催していただいたのは、山口県立萩総合支援学校長門分教室の先生方になります。

講習会はの参加者は、20名程度でした。長門分教室に加えて、近隣の学校の先生方。および保護者の方や、言語聴覚士、作業療法士の方にもご参加いただきました。人数は、このくらいがちょうどいいですね。

3時間の講習でした。DropTalkの基礎から始まって、コミュニケーションキャンバス、スケジュールキャンバスと説明していきます。後半はスケッチをやって、キャンバスリンクの話に入ったところで時間切れ、という感じでした。十分な内容です。

今回は、とてもいい雰囲気でできました。ノリがよかったんですよ、皆さん。スライドで笑いをとりにいったとこは笑ってくれますし。ハンズオンでは、次々と手が挙がって操作に関して質問責めにしてくれますし。アチコチで、お互いに教え合う輪ができてましたし。人数が多すぎなかったのが幸いして、終始活気のある雰囲気でした。ハンズオンのある講習会って、20人から30人程度がいちばん効果が高いんじゃないですかね。

最後にみんなで記念撮影!

終わった後は、お楽しみの懇親会です。長門市は日本7大やきとりタウンの1つなんだそうです。そんなタウンがあるのも知らなかったですが、長門でいちばん有名な焼き鳥屋さんでご飯を食べました。美味し!

DropTalk講習会は、講師料無料、交通費と宿泊費はこちらの負担で行なっています。興味のある方は、ぜひお声がけください。全国どこでも伺います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です