月別アーカイブ: 2017年12月

第2回 ドロップスのシンボルとライブラリ画面【これからはじめるDropTalk】

ドロップスのシンボルとの出会い

DropTalkの一番の特徴は、何を言うにも、かわいいシンボルです! 親しみやすくて、色使いもコントラストが高くて識別しやすいし、絵柄の意味も汲み取りやすくアイコンとしてもバッチリです。

このページを読んでいるならご存知の方も多いと思いますが、このシンボルセットは「ドロップス」と呼ばれるものです。子供たちを支援する様々な機器を開発し続けている「Droplet Project」が、生み出したものです。

ちなみに、この子の名前はドロ太です。

start_dorota

ドロップスを搭載しているDropTalkも、このDroplet Projectからの依頼で始まりました。もう10年近く前になるのかな。iPhoneが登場して少し経った頃、iPadはまだ出ていないときでした。私たちの会社は、iPhoneが登場したと同時に全力でアプリ開発をやってまして。当時はまだ、アプリ開発に特化した会社はそんなになかったですね。そんなときに、Droplet Projectを名乗る方々からメールが届き、お話をすることになりました。

それが青木高光先生との出会いでした。熱く懸命にDropTalkの構想を語っていただいたのですが、当時の私は何の知識もないので、特別支援? VOCA? 絵をタップして音声を再生すればいいの? それだけ? と、まさにシンボル「わからない」状態でした。

start_cantunderstand

ただ、そのときにとても気になったのが、見せていただいたドロップスのシンボルです。このシンボル、かわいいじゃん。このシンボルを使ったアプリなら、面白いのが作れそうだなー。と、いう気持ちがムクムクと湧いてきて、依頼を引き受けることにしました。こうして、DropTalkのプロジェクトは始まったのです。

DropTalkでシンボルを探そう

さて、ここからはDropTalkでの操作の話です。

DropTalkには、ドロップスのシンボルが標準で搭載されています。その総数は724! 700以上のシンボルがあらかじめ使えるようになっています。

シンボルを探すには、ライブラリ画面を使います。ライブラリ画面は、タブからアクセスします。

start_library

シンボルは、いくつかのカテゴリで分類されています。ライブラリ画面で、背景が薄い角丸の四角になっているもの。これがカテゴリです。標準のカテゴリ階層は、次のようになっています。

start_hierarchy

こういった種類のカテゴリがあります。ちょっとのぞいてみましょう。「感情・感覚」カテゴリの中身は、こんな感じ。

start_emotion
幸せな顔、悲しい顔、怒った顔、なんかがありますね。

「基本動作」カテゴリは、こうです。

start_action

聞く、話す、見る、食べる、飲む、立つ、などなど。日常生活で使われる動作があります。

学校関係のシンボルが充実しているのも、ドロップスの特徴です。「教育・学校」カテゴリのシンボルには、こんなのがあります。

start_school_1 start_school_2

教室、図書室、体育館、といった学校の中の施設や、遠足、授業参観、運動会といった学校行事のシンボルがあります。

カテゴリの階層一覧を参考にして、お目当のシンボルを探してください。また、検索することもできます。名前は覚えているんだけど、あのシンボルってどこにあったっけ? といったときは、ライブラリ画面にある検索ボタン(虫眼鏡のアイコン)をタップします。

start_search

シンボル名を入力することで、検索できますよ。たとえば、「おなか」で検索してみましょう。

start_stomach

これで、縦横無尽にドロップスのシンボルを扱うことができますね!

 

DropTalkの入手方法は、こちらを読んでね

第1回 DropTalkをはじめてみよう!【これからはじめるDropTalk】

DropTalkをもう一度紹介します

hello

こんにちは。「DropTalk」っていうアプリの開発をしている、木下といいます。

DropTalkは、障害を持った子供たちのために作っているアプリです。特別支援教育って呼ばれる領域ですね。特にコミュニケーション分野での支援に注力していて、技術の力でコミュニケーションを拡大するAAC(Augmentative and Alternative Communication)の中のVOCAアプリ(Voice Output Communication Aids)って認識されています。

なんか偉そうなこと言いましたが、ほんとのこと言うと、よく分かってないです。私はエンジニアで、アプリの開発ばっかりやっています。特別支援教育の専門的な知識はありませんし、特別支援学校に行って子供たちに接したこともほんのちょっとしかないです。

そんな私にできるのは、ユーザの声を聞くことです。DropTalkは長いこと開発していて、2009年くらいからスタートしています。子供達とコミュニケーションしている先生や保護者の方から、様々な意見を聞いてきました。こんな機能が欲しいとか、あの機能は使いにくいからどうにかしてくれとか。

私は、DropTalkを作る上で、一つの方針を決めています。それは、寄せられた意見はすべて取り入れること、です。なぜなら、支援を必要としている子供達は、本当に様々です。一人として同じ子はいないのでしょう。ならば、それをサポートするアプリは、どんな要求にでも応えられないといけないはずです。ある一つの機能が、ただ一人の子の役に立つのであれば、それは実装する価値があります。

とはいっても、闇雲に拡充していくと、ゴテゴテとした使い物にならないアプリになってしまいます。だから、その子に何が必要なのかインタビューして、咀嚼してある程度の汎用化をして、それを組み込めるように、DropTalkとしての「枠」を広げていきます。その中を機能で埋めていく。その繰り返しで、DropTalkはここまで大きくなりました。

こうしてDropTalkは、VOCAの領域を超えて、機能てんこ盛りのアプリへと成長してきました。てんこ盛りだけど、使いにくくなったとは思っていません。たくさんの機能を、DropTalkユーザインタフェースの文法に落とし込んでいるつもりです。ただ、昔から使ってた人はいいのだけど、これから始める人にとっては敷居が高くなってしまったのは、否定できないところです。「ダウンロードしたんだけど、使い方がよくわからなくてそのままにしている」という声もよく聞きます。

そこで、DropTalkの持つ機能を、丁寧に一つずつ紹介していく連載を始めようと思いました。機能の説明をするだけでなく、なぜこれを作ったのか、どういった子供たちに使ってもらうつもりなのか、ということも盛り込んでいきたいです。新たにWindows版のDropTalkも登場したので、仕切り直しです。これからDropTalkをはじめてみたい人、ぜひ読んでください。あ、もちろん、バリバリに使い込んでいる人も歓迎です。

DropTalkの入手方法

まずは、DropTalkを手に入れましょう。DropTalkは現在、iOS版(iPhoen、iPad)、Android版、Windows版がリリースされています。

iOS

droptalk_ios

iOS版は、App Storeからダウンロードします。DropTalk、DropTalk HD、DropTalk HD Liteの、3つのアプリがあります。これらのうち、DropTalkとDropTalk HDは、まったく同じものです。昔は、iPhone版のDropTalkと、iPad版のDropTalk HDということで分けていたんですけど、そういった区分は最近はやらないので、いっしょにしちゃいました。DropTalkであってもDropTalk HDであっても、iPhoneだろうがiPadだろうが動きます。どちらを選んでもいいです。この2つは有料のフル機能版です。無料の機能制限版がDropTalk HD Liteになります。Liteでは、キャンバス(ファイルみたいなもの)が一度に一つしか作れない、という制限があります。

cropped-App_Store_Badge_US-UK_135x40.png

Android

droptalk_android

Android版は、Google Playからダウンロードします。有料フル機能版のDropTalkと、無料機能制限のDropTalk Liteがあります。Phoneデバイスでもタブレットデバイスでも動作します。

googleplaystore_badge

Windows

droptalk_windows

Windows版は、Microsoftストアからダウンロードします。Windows 10以降で動作します。有料フル機能版のDropTalkがあります。これには、無料の試用版があります。試用版は30日利用可能です。Windows用の無料機能制限版であるDropTalk Liteは、現在準備中です。もう少しお待ちください。

microsoft_badge

DropTalk Windows版が、ついにストアで公開されました!

お待たせしました! ATACでの発表から、一週間。ようやく、DropTalk Windows版が、Microsoftストアで公開されました!

入手するには、WindowsからMicrosoftストアアプリを立ち上げて、「DropTalk」で検索してください。

または、以下のリンクをクリックしてもオッケーです。

https://www.microsoft.com/ja-jp/store/p/droptalk/9n7d9p5qh4dz?rtc=1

現在、ストアではフル機能の「DropTalk」を配信しています。こちらは有料アプリになります。無料で使える、試用版も入手できます。まずはそちらでお試しください。試用版は、30日間利用することができます。

無料版となる「DropTalk Lite」も準備中です。DropTalk Liteは、期間の制限なしでお使いいただけます。フル機能版と以下の違いがあります。

  • キャンバス作成画面で、一度に一枚のキャンバスしか作成できません

新しいキャンバスを作りたいときは、いまあるキャンバスを削除してから作ることになります。DropTalk Liteは、近日中に使用可能になる予定です。今しばらくお待ちください。

では、新たにDropTalkファミリーに加わったWindows版を、よろしくお願いします!

ATAC 2017に出展してきました

去る12月2日に、DropTalkはATACカンファレンスに出展してきました。そのご報告です。

京都で行われる支援技術のカンファレンスであるATAC。DropTalkとしては、3年連続3回目の出展です。3回目ともなると、かなり手馴れてきました。今年のブースは、こんな感じに仕上がりました。

A0サイズのポスターを、どーんと2枚貼って! ラミネート加工したDropsのシンボルで飾って! キャンバスを印刷したものもたくさん用意したし、勉強会のチラシとか、シンボルを印刷したコースターもあります。年々展示物が増えております。

今年のポスターは、HMDT社の近くにあるデザイン会社、ハットツールデザインさんにお願いしました。黄色と青のコントラスで人目をひく、可愛いデザインに仕上げてもらいました。

今年の目玉はDropTalkのWindows版ということで、ずらっとWindowsマシンを並べています。

iPad Pro、Surface、ノートPCが並べてあるんですけど、パッと見ると見分けがつかないですね!

ノートPCは、ドンキで発売された、19,800円の激安PCです。

このPCは、ATACの前日が発売日でしたので、京都入りして会場の設営が終わった後、急いでドンキに駆け込みました。売り場を一回りしたんですが、ディスプレイもなく、どこにも見つけられず。売り切れちゃったかなー、と思いましたが、弊社の女性スタッフが店員さんに、「あるんでしょう? 出しなさいよ…」と迫ったところ、レシーバーで数人の方々がやりとりされた後、無事に運ばれてきました。

カンファレンスの会場には、前年よりも多くの方にお越しいただきました、たぶん。色々と質問をいただいたり、その場で講習会の開催が決定したり、実りが多かったです。ありがとうございました。

Windows版は、いま現在Microsoftストアに申請中です。なかなか審査が通らないのですが、もう少しだけお待ちください。手動でインストールされる方は、こちらのページからダウンロードしてください。

DropTalk Windows版オープンベータを開始します

お待たせしました!DropTalk Windows版を公開します。オープンベータプログラムを開始します。

オープンベータは、多くの方にDropTalkのアプリを使っていただき、致命的な不具合を解決するためのものです。どなたでも参加できます。

こちらのページに、ダウンロードとインストールの手順があります。これを参考にインストールして使ってみてください!

windows_screenshots