ATAC 2017に出展してきました

去る12月2日に、DropTalkはATACカンファレンスに出展してきました。そのご報告です。

京都で行われる支援技術のカンファレンスであるATAC。DropTalkとしては、3年連続3回目の出展です。3回目ともなると、かなり手馴れてきました。今年のブースは、こんな感じに仕上がりました。

A0サイズのポスターを、どーんと2枚貼って! ラミネート加工したDropsのシンボルで飾って! キャンバスを印刷したものもたくさん用意したし、勉強会のチラシとか、シンボルを印刷したコースターもあります。年々展示物が増えております。

今年のポスターは、HMDT社の近くにあるデザイン会社、ハットツールデザインさんにお願いしました。黄色と青のコントラスで人目をひく、可愛いデザインに仕上げてもらいました。

今年の目玉はDropTalkのWindows版ということで、ずらっとWindowsマシンを並べています。

iPad Pro、Surface、ノートPCが並べてあるんですけど、パッと見ると見分けがつかないですね!

ノートPCは、ドンキで発売された、19,800円の激安PCです。

このPCは、ATACの前日が発売日でしたので、京都入りして会場の設営が終わった後、急いでドンキに駆け込みました。売り場を一回りしたんですが、ディスプレイもなく、どこにも見つけられず。売り切れちゃったかなー、と思いましたが、弊社の女性スタッフが店員さんに、「あるんでしょう? 出しなさいよ…」と迫ったところ、レシーバーで数人の方々がやりとりされた後、無事に運ばれてきました。

カンファレンスの会場には、前年よりも多くの方にお越しいただきました、たぶん。色々と質問をいただいたり、その場で講習会の開催が決定したり、実りが多かったです。ありがとうございました。

Windows版は、いま現在Microsoftストアに申請中です。なかなか審査が通らないのですが、もう少しだけお待ちください。手動でインストールされる方は、こちらのページからダウンロードしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です