月別アーカイブ: 2016年10月

設定:キャンバス(スケジュール):Android

ここでは、スケジュールキャンバスに関する設定について説明します。

チェックされた項目を隠す

「チェックされた項目を隠す」では、達成済みスケジュールをチェックした際の表示についての設定を行います。
チェックすると、スケジュールを達成してチェックボックスにチェックした際、チェック済みのスケジュールを隠して見えなくすることができます。チェック済みスケジュールが見えなくなることにより、次にやるべきスケジュールが常に先頭に配置されるため、次のスケジュールの把握や次の行動への移行がスムーズになります。『スケジュールキャンバス』>『予定のチェック』も参照してください。
a_set_sc_hide

「チェックした項目を隠す」にチェックを入れると、達成した予定にチェックすると同時に、完全に見えなくなります。
a_set_sc_check
a_set_sc_check_hide

page top

スケジュールの高さ

「スケジュールの高さ」では、スケジュールキャンバスの時計およびスケジュールシンボルの表示の高さ設定を行います。
a_set_sc_height

「スケジュールの高さ」をタップすると、高さ選択画面が表示されます。大、中、小より選択します。1画面により多くのスケジュールを表示させたい場合、小を選択するとたくさん並べることが可能です。希望の高さを、3段階からチェックして選択します。
a_set_sc_height2

a_set_sc_height_big

大を選択した場合

 

a_set_sc_height_middle

中を選択した場合

 

a_set_sc_height_small

小を選択した場合

小のスケジュールでは、スケジュールの高さが変わるだけでなく、時計の表示も変更となります。時計表示は、iPadとiPhoneでも違いがあります。iPadでは、「小を選択した場合」の画像のようにアナログ時計の表示のみとなりますが、iPhoneでは、次の画像のようにデジタル表示のみとなります。

a_set_sc_height_small_phone

Android Phoneでスケジュールの高さを小に設定した場合

page top

設定:キャンバスのその他の項目

設定:キャンバスに関するその他の項目へは、下記より遷移してください。

page top

設定の次のページへ進むリンク

設定:キャンバス(コミュニケーション):Android

ここでは、コミュニケーションキャンバスに関する設定について説明します。

ボタンにシンボル名を表示

「ボタンにシンボル名を表示」では、コミュニケーションキャンバス内のシンボル名の表示または非表示の設定を行います。チェックすると、キャンバス画面のシンボル名をテキスト表示します。チェックを外すと、キャンバス内のシンボル名はすべて非表示となり、シンボルイラストのみが表示されます。

a_set_cc_name_show

 
表示例
a_set_cc_n_show_on

シンボル名の表示をチェックした場合のコミュニケーションキャンバス

 

a_set_cc_n_show_off

シンボル名の表示のチェックを外した場合のコミュニケーションキャンバス

page top

シンボル名の大きさ

「シンボル名の大きさ」では、コミュニケーションキャンバス内でシンボル名を表示するテキストの大きさを設定します。「シンボル名の大きさ」をタップして大きさの設定画面に進みます。
a_set_cc_namesize
大、中、小から選択します。キャンバス画面でシンボル名を表示するテキストの大きさが、選択したサイズに変更されます。
a_set_cc_namesize2

表示例
a_set_cc_name_big

大の場合

 

a_set_cc_name_middle

中の場合

 

a_set_cc_name_small

小の場合

page top

読み上げ中にボタンを拡大する

この項目では、コミュニケーションキャンバス内のシンボルをタップした際の表示状態についての設定を行います。
チェックすると、キャンバスに配置したシンボルをタップして読み上げる際、シンボルがアニメーションでズームインしながら拡大表示されます。
a_set_cc_name_expand
a_set_cc_name_expand2

page top

設定:キャンバスのその他の項目

設定:キャンバスに関するその他の項目へは、下記より遷移してください。

page top

設定の次のページへ進むリンク

設定:キャンバス:Android

ここでは、「設定」>「キャンバス」で行う設定について説明します。「キャンバス」では、キャンバス全般に関する設定を行います。
ツールバーの「サイドメニューボタン(≡)」をタップして、表示されるサイドメニューから「キャンバス」を選択します。

a_set_menu_canvas

a_set_canvas

「設定」>「キャンバス」の各項目へは、下記より遷移してください。

page top

設定の次のページへ進むリンク

設定:一般:Android

ここでは、「設定」>「一般」で行う設定について説明します。一般では、DropTalkアプリ全般に関わる設定を行います。

[設定]>[一般]の項目

ツールバーのサイドメニューボタン(≡)をタップして、表示されるサイドメニューから「一般」を選択します。
a_set_sidemenu_b
a_set_sidemenu

言語:シンボル名の言語

「シンボル名の言語」では、シンボル名を表記する時の言語設定を行います。「シンボル名の言語ボタン」をタップすると、「シンボル名の言語」画面を表示します。

a_set_g_language

「漢字」「かな」「英語」の、いずれかを選択します。

a_set_g_language2

この設定では、DropTalkアプリ内のシンボル表示時に、標準として使う言語を設定します。標準の言語は、以下の画面で使われます。

  • ライブラリ画面
  • 言語が「アプリ設定」として設定されているキャンバスを開いた画面

それぞれのキャンバスには、言語を個別に指定することができます。個別の指定で、「アプリ設定」にした場合、「シンボル名の言語」で選択した言語が使われます。それ以外の言語が指定されていた場合は、個別設定の設定が優先されます。
新規キャンバスを作成した際は、デフォルトで「アプリ設定」が指定されています。
読み上げ音声は、シンボル作成の際に付与された音声で読み上げられます。例えば、「かな」を「英語」に変更しても、音声は変わりません。
漢字、かな、英語、それぞれの言語に設定したライブラリ画面は、次のように表示されます。

a_set_g_l_kanji

シンボル名の表記言語を『漢字』に設定した場合

 

a_set_g_l_kana

シンボル名の表記言語を『かな』に設定した場合

 

a_set_g_l_english

シンボル名の表記言語を『英語』に設定した場合

page top

機能制限:ペアレンタルロック

「ペアレンタルロック」では、キャンバスとシンボルの編集を制限する設定を行います。「ペアレンタルロック」をタップして、オン/オフの設定画面を表示します。
a_set_g_lock

デフォルトでは、「ロックを有効にする」はオフの状態です。
a_set_g_lock_off

「ロックを有効にする」をオンにしようとすると、次の画面のように4桁のパスコード入力を求められます。任意の4桁の数字をテキスト入力します。確認のため、パスコードは2回入力するよう求められます。続けて1回目と同じ4桁の数字を入力します。
*4桁のパスコードは、次回以降の設定に必要になりますのでご注意ください。
a_set_g_lock_pass

パスコード入力により「ロックを有効にする」がオンになり、ペアレンタルロックを有効にする設定が可能になります。
*ここまでの操作では、編集の制限機能が選択可能となっただけで、実際のキャンバスやシンボル編集のロックはできていません。
a_set_g_lock_on

キャンバスとシンボルの編集機能を制限するには、「キャンバスの編集」および「シンボルの編集」ボタンのオン/オフを選択します。
「キャンバスの編集」または「シンボルの編集」から、制限したいものをオンにします。
a_set_g_lock_on2

キャンバスの編集の制限をオンにした状態でキャンバスの選択画面を開くと、ナビゲーションバーの「新規ボタン(+)」「編集ボタン」といったキャンバスの編集に関わる全てのボタンが表示されず、編集できない状態であることを確認できます。
シンボルの編集についても同様です。オンの状態では、ライブラリ画面の全ての階層で編集に関わるボタンが表示されません。

page top

問題を報告する

「問題を報告する」では、DropTalkアプリの使用中に生じた問題を、ユーザサポートアドレスにメール送信します。
a_set_g_error

「問題を報告するボタン」をタップして、確認画面で「OK」を選択すると、メールアプリが立ち上がります。
a_set_g_error2

次の内容を入力し、送信してください。ユーザサポートより折り返しご連絡いたします。

  1. Androidデバイスの「設定」>「端末情報」等に記載されている以下の情報
    *必ず全てを記載する必要はありません。

    • ブランド:(例)Google
    • モデル:(例)Nexus 9
    • Android バージョン(OSバージョン):(例)6.0.1
    • ビルド番号:(例)MMB29K
  2. 問題となった操作と結果
    • どのような操作をしているとき
    • どのような動作を期待していたのに
    • 実際の挙動はどのようなものだった

(例)新規キャンバスボタンを押して、新しいキャンバスを作ろうと思ったのに、アプリが落ちた

page top

設定の次のページへ進むリンク