時計表示の復帰

スケジュールキャンバスの時計は、時刻、タイマーいずれかを表示しない、または、時刻、タイマー両方の時計そのものを表示しない設定が可能です。ここでは、時計すべての表示をオフにしている場合の表示の復帰について説明します。

時計表示の復帰

時計丸ごとの表示をオフにしている場合、キャンバスを編集モード画面に切り替えると、次の画像のように「時間設定なし」のボタンが表示されます。
watch_none
「時間設定なし」をタップすると、時計の編集画面が表示されます。セグメンテッドコントロールで時刻もしくはタイマーに切り替え、それぞれ「表示」のオン/オフを選択して表示を復帰します。
watch_restore1
watch_restore2

page top

*時刻のみ、またはタイマーのみを表示している場合は、『スケジュールキャンバスのタイマーの設定』ページで述べたように、2通りの方法で時計の編集画面に切り替えることができます。時計の編集画面で、表示についてのオン/オフを操作してください。

スケジュールキャンバスのその他の項目へのリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です