MFiコントローラ:フォーカスタイプ

ここでは、MFiコントローラをスイッチインタフェースとして使用する場合の「フォーカスタイプ」について説明します。

スキャン操作についてのその他の項目は、下記リンクより遷移してください。

*MFiコントローラについてのその他の詳細は、文末のリンクを参照してください。

フォーカスタイプ

スキャン実行時のフォーカスの視覚的な動きを、「ズーム」と「枠」の2つから選択できます。

「ズーム」では、フォーカス項目がアニメーションで盛り上がるように表示されます。大きくポンと飛び出すように盛り上がる特徴的な動きで、フォーカス項目であることを視覚的に訴えながら移動します。
autoscan
「枠」では、フォーカス項目が、くっきりとした赤い線で縁取りされます。赤の囲い線でフォーカス項目を示しながら次々と移動します。
focus_frame

ゲームコントローラとして馴染み深いMFiコントローラですが、DropTalkでは、スイッチインタフェースとして使用できます。状況に応じた新しい選択肢としてご活用ください。

MFiコントローラのその他の項目へのリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です