タブバーの表示/非表示

DropTalkでは、タブバーの表示/非表示を切り替えることができます。ナビゲーションバーを長押しすることで、この操作を行います。

タブバーには、「キャンバス」「ライブラリ」「設定」の3つのボタンがあり、それぞれの画面に切り替える機能を提供します。これを一時的に非表示にすることにより、意図しない画面の切り替えを防ぐことができます。たとえば、肢体に不自由のある児童がキャンバスを操作しているときに、誤ってタブバーに触れてしまい、画面が切り替わってしまうことがあります。このような問題を回避するには、タブバーの非表示が有効です。

また、コミュニケーションキャンバス画面では、タブバーのすぐ上に現在のページ位置を表すページコントロールが表示されています。このコントロールを使ってページ遷移を行うことができるのですが、タブバーを非表示にすることにより、この操作を容易にすることができます。

これは特に、設定で「タッチダウンでシンボルを読み上げる」をオンにしているときに有効です。この設定をオンにしているとき、スワイプによるページ遷移はボタン以外のキャンバスの余白で行う必要があるため、操作が難しくなっています。そのためページコントロールを使ったページ遷移が便利なのですが、タブバーを非表示にしてその周辺を広く表示することで、より容易となります。

タブバーの非表示機能は、「キャンバス画面」「ライブラリ画面」「タイマー画面」で有効です。その他の画面では使用することはできません。

表示を復帰させるには、ナビゲーションバーを再度長押しします。

キャンバスでは、コミュニケーション、スケジュールの種別を問わず有効です。また「通常」「編集」の画面モードも問いません。画像を参照してください。
ca_tab_show

複数ページを持つコミュニケーションキャンバスでは、タブバーを隠すことでページコントロール周囲のスペースが広くなり、ページ移動の操作が容易となります。
ca_tab_hide

通常モード同様、編集モード画面でもタブバーの表示オフは可能です。
sca_tab_show

sca_tab_hide

 

ライブラリでは、すべての階層においてタブバーを非表示にすることができます。またキャンバス同様、「通常」「編集」両方の画面モードで有効です。
lib_tab_show

lib_tab_hide

lib1_tab_show

lib1_tab_hide

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です