月別アーカイブ: 2016年5月

DropTalk 3パブリックベータ更新 [5月18日]

DropTalk 3パブリックベータの新しいビルドをリリースしました。ベータプログラムに参加していただいている方は、TestFlightよりアップデートをお願いします。

主な修正点

  • スイッチによるスキャン時における種々の問題の修正
  • iCloudにおける種々の問題の修正

DropTalk 3パブリックベータ更新 [5月17日]

DropTalk 3パブリックベータの新しいビルドをリリースしました。ベータプログラムに参加していただいている方は、TestFlightよりアップデートをお願いします。

主な修正点

・スイッチによるスキャン時における種々の問題の修正
・iCloudによる同期の問題の修正

キャンバスの管理:カット/コピー/ペースト/削除

キャンバスとフォルダに対して、MacやPCでファイル操作を行うように、カット/コピー/ペースト/削除といった編集操作を行うことができます。

キャンバスとフォルダの選択

編集操作を行うには、まず該当のキャンバスもしくはフォルダを選択します。編集モード時にタップをすると、選択することができます。選択中のキャンバスやフォルダは、選択していることを示す「青い表示」となります。同時に複数選択することも可能です。
選択を解除するには、もう一度タップします。

canvas-select-blue

メニューボタン(…)

カット/コピー/ペースト/削除といった編集操作は、メニューボタン(…)から行います。選択状態によってメニューの内容は変化します。

canvas-select_copy

canvas-select_paste

メニューボタン(…)の操作では、キャンバスやフォルダを選択した数だけ同時に操作が可能です。

削除ボタン(×)

キャンバスおよびフォルダの削除は、「削除ボタン(×)」からも行うことができます。削除ボタンは、キャンバスの選択画面を編集モードに切り替えると同時に表示されます。タップして、不要なキャンバスやフォルダを削除します。削除ボタンでは、1つずつ削除します。

canvas-select-delete

canvas-select-delete2

キャンバスの管理に関する項目へのリンク

キャンバスの管理に関するその他の項目へは、下記リンクより遷移してください。

スケジュールキャンバス:予定のチェック

ここでは、スケジュールキャンバスの予定のチェックについて説明します。

予定のチェック

スケジュールキャンバスでは、予定の進行具合を、チェックすることで確認することができます。チェックは、それぞれの予定の左端にあるチェックボックスをタップすることで行います。
scanvas-checkbox

page top

チェックした予定の表示

チェックした予定は、前述の画像の様に表示を暗くしてそのまま表示させておくこともできますし、順次隠すこともできます。これは、『設定:キャンバス』>『スケジュール』>『チェックされた項目を隠す』で設定することができます。この設定をオンにした場合、チェックした予定は右にシュッと移動して、見えなくなります。これにより、次に行う予定が常に画面の最上部に表示されることになります。

setting_scanvas_disappear
setting_scanvas_disappear2

page top

予定の復帰

チェック済みの予定を復帰させるには、チェックボックスのチェックを外します。または、ナビゲーションバーの「リセットボタン」をタップすると、すべての予定が復帰します。

scanvas-check-reset

page top

1つ前に戻る

「チェックされた項目を隠す」が有効の場合、意図せずチェックして必要な予定が見えなくなってしまうことがあります。このとき、予定をチェックする1つ前の状態に戻すことができます。

チェックすると同時に、キャンバス画面上部に「1つ前に戻るボタン」が表示されます。このボタンをタップすると、チェックの状態が1つ前に戻ります。

scanvas-takeback

*「チェックされた項目を隠す」については、『設定:キャンバス』>『チェックされた項目を隠す』を参照してください。

page top

スケジュールキャンバスに関するその他の項目へのリンク

スケジュールキャンバスのその他の項目については、下記リンクより遷移してください。