DropTalk2019夏ツアー:新潟編その2 新潟

(2019年8月9日)
明けて翌日。上越市高田から、新潟市に向けて移動です。高速バスを使います。

が、ここでトラブル発生! 降りる予定の停留所を、停車ボタンを押すのを忘れて、思いっきり通過させてしまいました。高速バスでも、ボタン押す必要あるんですね。いつも終着でしか降りないので、すっかり忘れていました。しょうがないので次の停留所で降りましたが、田んぼのど真ん中です。ここはどこだ。。。

田んぼの真ん中でたそがれ中

講習会を主催していただいた福住先生に連絡をとって迎えに来ていただき、ことなきを得ました。申し訳ありませんでした! その後、美味しいお昼ご飯をご馳走になって、会場である新潟市立西特別支援学校へ。ここは去年も来ました。2回目です。

今日の講習会は中級のみ。学校の先生に加えて、新潟大学の学生さんたちもたくさん参加してくれました。せっかく学生の方がいるから、ちょっと高度なことやろうかと思って、新しいスライドを用意しました。以前に福住先生から問い合わせのあった内容をまとめた、「ファイル構造編」です。

DropTalkのキャンバスファイルがどういう構造になっているか、を解説してます。キャンバスファイルは、基本的にJSONで記述してあるので、原理的にはテキストエディタだけで編集することができます。そこで、iPadからキャンバスファイルを取り出して、MacかPCのテキストエディタで編集して、ふたたびiPadに戻して表示内容を確認する、という手順の解説をしました。これを理解すれば、複雑なキャンバスファイルをMac上で変種するとか、他のVOCAアプリのファイルをDropTalkフォーマットに変換するとか、といったことができます。

DropTalkのキャンバスファイルの構造

、、、が、このネタは外したかも。反応が今ひとつ、というかみんなポカンとしている。あまりに開発者よりすぎました。とりえあず、当日使ったスライドをリンクしておくので、興味のある方はどうぞ。

DropTalk講習会:ファイル構造編

終わった後は、学生の方達を交えて懇親会。みんな若いわー。元気で屈託がなくて、眩しいです。がんばれ、学生!

DropTalk2019夏ツアー:新潟編その1 上越

(2019年8月8日)
DropTalk講習会、新潟の2校をまとめて回ってきました。新潟シリーズです。

最初に行ったのは、新潟県立上越特別支援学校。新幹線の最寄駅は、上越妙高駅です。この名前からして、当日まで上越新幹線だと思ってたのですが、北陸新幹線の駅なんですね、これ。期せずして、初北陸新幹線! 学校は新幹線の駅から車で2、3分のところにありました。とても近い。

講習会でお邪魔した当日は、別の研修が重なっているとのことで、学校はちょっと閑散とした雰囲気。それでも10数名の先生たちが参加してくれました。いつもの初級+中級で、みっちりと4時間コース。お疲れ様でした。

終わった後は、上越市の高田駅前に移動。そこで宿をとりました。高田は小さい町でしたが、ご飯がおいしかったです。

DropTalk2019夏ツアー:千葉

うちの会社の最寄駅は地下鉄丸の内線本郷三丁目駅なのですが、そこから東京駅に行き、JRの京葉線に乗り換えます。この乗り換え、東京近郊にお住まいの方ならお分かりと思いますが、ホームが遠い! 京葉線のホームだけやたらと離れたところにあるんですよ。ディズニーランドに行く時はウキウキで乗り換えるのですが、この日みたいに暑い日はひたすら遠いぜ。京葉線を千葉市の稲毛海岸までいきます。そこから斎藤先生に車でお迎えいただき、千葉市立高浜中学校に着きました。

いままでのDropTalk講習会は特別支援学校や養護学校で行っていたのですが、この高浜中学校は通常高です。というのも、今回の講習会を主催していただいた斎藤先生は、通級の指導員なのです。初めてのケースです。ですので参加者も、先生や指導員に加えて、保護者の方、そしてLDの障害のある高校生の子にも来ていただきました。これも初めて。

図書室でやりました

開発者としては、実際のユーザに直接感想を聞けるまたとない機会になりました。この子は積極的に講習に参加してくれて、質問もしてくれました。質問、大事です。さらに、こういう機能があったら私は嬉しい、という具体的な提案もいただきました。ありがとう! そういうのがいちばん嬉しいです。次のバージョンで、それ実装します。

重度の肢体不自由の子とそのお母さんにも参加していただきました。このお母さんも熱心に質問していただいので、スイッチを使ったDropTalkの操作方法などを説明しました。ただ正直なところ、いまのDropTalkをその子が使えるかというと、難しいかなと感じました。開発者として忸怩たる思いです。

私たちは、教育者でも支援者でもないので、直接障害を持った子供たちを支えることはないです。でも技術を持った開発者として、まだまだやれることがあるはずです。この子たちの支援につながるために、というかユーザとして使ったもらうために、もっと開発を続けなくてはいけない、との思いが強くなりました。

昼休みには、学校の近くの市場に連れて行っていただきました。海鮮が美味し!

DropTalk2019夏ツアー:北日本編その2 青森

(その1 札幌から続く)
新千歳から飛行機に乗って、青森空港に着いたのは20時過ぎ。青森駅前のホテルに移動してチェックインしたら21時でした。駅前のお店、全部閉まってるし。寝ました。

青森空港にてねぶたと。このときはこんなサイズも喜んでました

駅前真っ暗

翌日は青森駅から浪岡駅へ移動。林崎先生にお迎えいただいて、青森県立浪岡擁護学校に到着です。こちらでの講習会になります。

まずはセッティングということで会場となる教室に案内してもらったら、4Kモニタが2台、ドドンと鎮座! すげぇ! 会場が横長なので2台並べたということなのですが、すごいです。しかも1台はDMM.makeでマニアック。HDMIケーブルの分配器を通して2台に映像と音声を配信します。でもどうしても2台の音声にずれが発生してしまって、違和感があるね、といったら、ササッと外付けスピーカーを接続。潤沢な備品がスムーズに出てくる。

さらにさらに、浪岡擁護にあるiPadを見せていただいたのですが、初代iPadもあったんですよ。あ、懐かしいなー、と思ってたら、その中に入ってたのはDropTalkのバージョン1! 最初のバージョンのDropTalkがまだ動いていましたよ。懐かしー! 2010年頃ですよ、リリースしたの。たぶんもううちの環境でも動かせないので、超貴重です。

講習会に参加していただいた方は、40人を超えるくらい。人数に対して部屋が少し狭めなのですが、こういう場合かえって熱気あふれる感じになるんですよね。みんなのテンションが上がるのがわかります。

スケジュールキャンバスで作った進行表。チェックはマジックペンでアナログに入れる

終わったあと、飛行機まで時間があるので少し観光させていただきました。連れてっていただいたのが、五所川原の立ちねぶたというものです。わたし、ねぶた(およびねぷた)自体が初めてで、もちろん知識として知ってはいましたが、なんか山車が練り歩くんだよね、くらいの意識しかありませんでした。で、その立ねぶたの山車が収納されているという展示館に行ったのですが、これがすごいの! でけぇ! 4階建くらいあるんですよ。これが動いて街中走るって、おかしいだろ! しかも作り込みハンパないし、色使いアグレッシブにすぎるし。実物見ないと絶対伝わらないのが歯痒い。いつか、五所川原のねぶたを見にくるしかない、と固く心に誓ったのでした。

でけぇ! 下の方にちまっ、といるのが私です

この造形! 点描! 色使い!

大迫力!

青森の最後はしじみラーメンでした。

ものすごい大量のしじみの下にラーメンがあります

DropTalk2019夏ツアー:北日本編その1 札幌

講習会ツアー2019夏、いよいよ北日本編です。まずは札幌です。飛行機で一路北海道へ! イエィ!

個人的な話ですが、実は私、学生時代に札幌に住んでたんですよ。なので、DropTalkツアーでの北海道行きは、密かにずっと狙っていたんです。今回ついに! 実現しました! やたっ! 交通機関の都合で、札幌には前日入りになりました。ちなみにいつも同行しているうちのスタッフは、さらにその前日に向かいました。なんか全体的に上ついた感じが否めませんな。着いたら今回の講習会を主催していただいた、放課後デイばおばぶの吉田さんと佐藤さんとご飯をご一緒しました。魚食べて、ラム食べて、魚食べて、ウニ食べて、魚食べて。ビールはずっとサッポロクラシックでした。あぁ、幸せ。

食べたものをひたすら晒します

翌日は札幌から発寒に向かいます。札幌市立北翔養護学校での講習会です。この学校、建物がすごかったです。10数年前に建てたらしいのですが、とにかく綺麗で広い。中央にでっかい体育館がドンとあって、トランポリンやボールプール完備。その周りに教室がある配置で、視聴覚室や療法室がこれまた広い。そして、スヌーズレン室! ミラーボールがあって、ウォータープールがあって、ボールプールもあって、ハンモックみたいのもある。あちこち触ると光の色が変わったり。なにこれ、私でも楽しそう。さらに温水プールもバンとある。いろいろ学校見てきましたが、ここダントツで設備がすごいです。

トランポリンと奥にあるのがボールプール

これがスヌーズレン室

講習会は30名ほどで行いました。学校の先生、保育士、児童指導員、作業療法士、保護者の方など、色々な方にご参加いただきました。主催者がNPO法人だったからですかね。会場は体育館をお借りしました。ちょっと広いのですが、冷房が入る部屋がここだけとのことなので。この日は暑かったのです。北海道は寒さ対策はバッチリなのですが、暑さには弱いのです。

会場は体育館

初級+中級でビッシリ4時間やりました。座学で4時間は長いよな、と思うのですが、半分くらいはハンズオンでiPad操作しているので、それほど飽きないようです。終わったあとのアンケートでも、わかりやすかったと答えてくれた方が大半だったので、よかったです。あと、自分の仕事に役立つと答えた方も多いのがうれしいです。

講習会終了後、吉田さんと笹野先生と

終了後は間髪入れずに空港へ直行。新千歳空港はすごいんですよ、お土産売り場が。お菓子と海産物とワインもチーズも、どーんと。ラーメン屋さんも10件くらいあるし、温泉まであるし。ここで泊まれるな!

次の会場である、青森へ移動です。