DropTalk for Android 3.1.1をリリースしました

本日、DropTalk for Android の3.1.1をリリースしました。Goole Play Storeよりアップデートをお願いいたします。

主な修正点

  • タイマー終了時にAndroidのステータスバーに通知されるよう変更
  • タイマー起動中はディスプレイがスリープしないよう変更
  • いくつかの小さなバグの修正

スケジュールキャンバスとは

「スケジュールキャンバス」とは、シンボルを時系列に並べて、一連の行動のスケジュールを構成できるキャンバスです。
 スケジュールの内容は、シンボルとテキストで表すことができます。スケジュールは、必要な数だけ追加することができます。それぞれのスケジュールの進捗を確認するために、チェックをつける機能があります。スケジュールに配置されたシンボルは、タップするとシンボルの持つ音声を再生します。
 スケジュールには、「時刻」と「タイマー」を表す時計の機能があります。何時に必要な行動なのか、何分で終わらせれば良いのか、といった2つの側面から時間管理を行うことができます。

スケジュールキャンバスの関連ページ

タイマー

DropTalk 3.1 for Android、正式版をリリースしました!

DropTalk 3.1 for Androidをリリースしました。Google Play Storeから購入可能です。

Google Play Storeでは、「DropTalk」「DropTalk Free」という2つのアプリがあります。「DropTalk」は、有料の正式版です。「DropTalk Free」は、無料のお試し版です。とりあえず機能を試したい方には、無料版のDropTalk Freeがオススメです。制限付きですが機能を確認することができます。

DropTalk 3.1 for Androidでは、iOS版と同様の機能を使用できます。
(一部、現時点では使用できない機能もありますが、今後のアップデートで追加します)

それぞれの機能の詳しい解説は、今後、随時更新されるマニュアルページを参照してください。

文章モード:Android

ここでは、コミュニケーションキャンバスの文章モードについて説明します。

  • 文章モードへの切り替え
  • 文章の編集
  • 編集モードでの文章の編集
  • 文章の長さの変更
  •  

    コミュニケーションキャンバスでは、配置したシンボルをタップすると、単体で音声を再生します。これに加えて、複数のシンボルを並べて連続で再生することもできます。複数のシンボルが並んだものを、「文章」と呼びます。シンボル音声を連続再生させることで、文章としての複雑な表現が可能です。文章の作成と再生は、「文章モード」で行います。

    文章モードへの切り替え

    文章モードに切り替えるには、ツールバーの「文章モードボタン」をタップします。
    a_c_sentence_b
    キャンバスの向きが縦の場合、文章は画面下に表示されます。音声は、左から右に向かって連続して再生します。再生するには、文章の右端にある「再生ボタン」をタップします。
    a_c_sentence_play

    キャンバスの向きが横の場合は、文章の表示方向を「横」または「縦」から選ぶことができます。この設定は、文章設定画面から行います。『設定:文章』>『文章の方向』を参照してください。

    横に設定すると、画面下端に文章が表示されます。音声は、左から右に向かって連続して再生します。
    a_c_sentence_w_under

    縦に設定すると、画面右端に文章が表示されます。音声は、上から下に向かって連続して再生します。
    a_c_sentence_w_side

    page top

    文章の編集

    キャンバス画面では、通常はシンボルをタップすると音声を再生します。これが文章モードになると、シンボルのタップは文章へのシンボルの追加という操作に変わります。文章モードでキャンバス内のシンボルを順番にタップすると、その順番で文章に割り当てることができます。文章に割り当てられたシンボルは、キャンバス内部で赤丸の番号が振られていきます。
    a_c_sentence_arrange

    追加したシンボルを削除するには、文章の右端に表示されている「削除ボタン」を使います。削除ボタンをタップすると、文章に割り当てたシンボルが、最後尾から前に向かって順番に削除されます。
    a_c_sentence_delete

    同じシンボルを重複して割り当てることも可能です。
    a_c_sentence_overlap

    page top

    編集モードでの文章の編集

    文章モードの編集画面では、より柔軟な文章の編集が可能です。これを行うには、文章モードのままでツールバーのメニューボタン(︙)から編集をタップして、編集モードに切り替えます。
    a_c_sentence_edit_b
    a_c_sentence_editmode

    編集モードでは、文章モードがオンであったとしても、キャンバス内部のシンボルをタップすると、シンボルの編集操作となり、ライブラリ画面が表示されます。
    この状態で文章の編集をするには、文章の領域にあるシンボルをタップします。すると、シンボルの背景色が濃いグレーに変わります。これは、文章に含まれるシンボルを「選択状態」にしていることを表します。
    a_c_sentence_select

    文章内部のシンボルを選択した状態で、キャンバス内のシンボルをタップすると、キャンバス内のシンボルが割り当てられます。
    a_c_sentence_select1

    この方法では、任意の順番で文章にシンボルを割り当てることができます。例えば、文章の3番目、2番目、1番目…という順番で文章を作成できます。通常時の文章モードでの編集では、常に最後尾に追加されるので、ここが違いになります。
    a_c_sentence_select321

    文章内のシンボル左上の削除ボタンでシンボルを削除することも可能です。任意のシンボルを一つだけ削除する、といった細かな操作も可能です。
    a_c_sentence_delete2

    page top

    文章の長さの変更

    文章を構成するシンボルの数は、標準で5つですが、これを変更することができます。編集モードでは、文章シンボルの最後尾に緑色の「追加ボタン」が表示されます。これをタップして、文章を長くします。
    a_c_sentence_add_b

    文章のシンボルを削除するとき、文章が標準の長さである5よりも長いときは、文章が削除した数だけ短くなります。文章の長さが5のときは、シンボルを削除しても文章は短くなりません。

    page top

    下記リンクより必要な項目へ遷移してください。

    コミュニケーションキャンバスの関連ページ