Dropsシンボルを編集できます【DropTalk 6紹介】

コミュニケーション支援アプリ「DropTalk 6」では、Dropsシンボルを編集することができるようになります。

スケッチの画面で、 Dropsシンボルをペンオブジェクトに変換することができます。これにより、色や、線の太さを変更することができます。

また、Dropsシンボルの一部を削除したり、コピーしたりすることができます。

YouTubeが使えます【DropTalk 6紹介】

コミュニケーション支援アプリ「DropTalk 6」では、YouTubeをシンボルとして使えるようになります。DropTalk内でYouTubeの検索をして、それをシンボルとしてキャンバスに貼り付けることができます。タップすれば、もちろん再生します。

子供たちの興味をとにかく惹きつけるYouTube。ならば、好きなYouTubeの動画を並べたキャンバスを用意して、今日見る動画を子供たちに選んでもらう。そんな意思決定支援を行うことができます。

学校などネットワーク環境によってはYouTubeが見れないこともありますが、家庭では活躍できると思っています。

すべての操作でコピー、ペースト、アンドゥができます【DropTalk 6紹介】

コミュニケーション支援アプリ「DropTalk 6」では、すべての操作に対して、コピー、ペースト、アンドゥを実行できるようになります。実行できる予定です。実行できるといいなぁ。。。

キャンバスの作成/削除、キャンバスの名前の変更、シンボルの追加/削除、といった操作でアンドゥができます。いままではスケッチの一部がアンドゥに対応していましたが、これが全体的に適用されます。

DropTalkは編集機能に偏重しているアプリなので、コピペやアンドゥを行いたいのは、ユーザの方からしたら当然の要求です。でも開発側からすると、これらの実現ってとても大変で手間がかかるのです。ついつい後回しにしてたのですが、観念して実装を進めています。

なかなか難しいことも多いのですが、がんばってます。

教科書体が使えます【DropTalk 6紹介】

「DropTalk 6」では、かねてから要望の高かった教科書体フォントが使えるようになります。使えるフォントは「游教科書体」です。あと「游明朝体」と「游ゴシック体」も使えるようになります。

これらのフォントはiOSに標準で付いてきますので、別途購入したりする必要はありません。ただ初期状態ではインストールされてないので、一度ネットワークに接続してダウンロードする必要があります。

また、テキストシンボルの入力画面もブラッシュアップされています。シンボルを確認しながらフォントを選択できるので、使いやすくなっています。

DropTalk 6ただいま開発中

「DropTalk」は、現在次期バージョンである「DropTalk 6」の開発が佳境に入っています。バージョン6の目的は、使い勝手や機能はそのままに、見やすさと使いやすさをブラッシュアップしていくことです。内部的にも完全なオーバーホールを行い、これからの5年間を乗り切るものになります。

ですが、開発側としてやりたいことを目一杯詰め込んだため、当初夏に予定していたリリースが、ジリジリと延びています。このままではよくない、ということで、DropTalk 6の情報を少しずつ公開していくことにしました。これにより、自分達にプレッシャーをかけていく作戦です。

DropTalk 6は、2020年10月中にパブリックベータを公開することを予定しています。

とりあえず、現在開発中のDropTalk 6の画面をお見せします。機能は同じで、見やすさを向上させることが目標です。

いつものキャンバス選択画面と、コミュニケーションキャンバスの編集画面です。どうです、きれいになったでしょ?

これから少しずつ、あたらしい機能などを紹介して行きますので、お楽しみに!